スピリチュアル 恋愛

ツインレイだと思ってた、あの人は本物だった?

スポンサーリンク

 

◆ツインレイだと思ったけど、間違っていたのではないか、サイレント期間に入ると疑念をもってしまうのは当然のこと

 

ツインレイなんているのか

サイレント期間に入ると、辛くて誰かに助けてもらいたくなる、

その気持ち、とてもよくわかります。

 

もしかしたら夢を見ていたのではないか、ツインレイなんて

本当は嘘だったんじゃないか?!

 

そんな風に思い出を否定したくなってしまうこと、あなたにもありませんでしたか。

 

この世界で起こったとは思えないような至福の体験をした後、突然大切な人と会えなくなってしまったら

 

「こんな幸せが続くわけないと思った」

 

「自分が思い込み過ぎていたんだ。馬鹿みたい。」などと思ったり、

 

今まさにサイレント期間なら、いっそ夢や幻であったほうが楽だと思うかもしれません。

 

そうではなくとも、ツインレイなんてそもそもいないんじゃないかな、という疑問が起こるのは当然です。

 

それについての答えは、あなた自身がこの関係に確信をもつしかないといえます。

 

「なあんだ」と思われるかもしれませんが、どんなに肯定的な話を提供したところで、そう思えなくなった時に無理矢理信じさせることはできないからです

 

UFOの目撃と同じように、その経験をした人でしかわからないし、理解しているとしても、リアリティが薄ければ、確信をもつことはできません。

 

また、現実に経験をしても、その先やっぱりそんな考え方は捨てよう!現実的ではない、と思って生きるのも、自由なのです。

 

この人生の舵取りはあなたであって、あなたが幸せだと思う方向に舵を向けることが大切です。

 

その先に、あなたでなければ歩めなかった、ただ一つの物語が展開されていきます。

 

また、あの人はツインレイなのだから、という気持ちに縛られるあまり、この人生で運命を共にする約束をしていた人をなおざりにしてしまう可能性もあるでしょう。

ところであなたは、「ベターハーフ」という言葉を聞いたことはありますか。

 

そう、あの「プラトン」の著作「饗宴」に由来する観念で、元々人間は二人分の素材でできていて、二体一身であったという神話があるのをご存知でしょう。

 

さらっとまとめると、元は

 

「男・男」/「女・女」/「男・女」

 

という組み合わせで、三種類いたのだそうです。

 

それが在る日、神々の怒りに触れて二つに切り離され、結果男と女だけの世界になったというのです。

 

それ以来、人間は失われたカタワレを求めて生きるようになった、と言われています。

 

プラトンは、「恋愛とは、この時失ったカタワレを求める行為」とまで言っているのですね。

 

疑いを感じていた人も、ツインレイの存在は、こんなにも古くから語られていたのかしらん、と心が揺らいでしまうのではないでしょうか。

自分のカタワレを「ベターハーフ」と呼ぶそうなのです。

 

ベターは「もっとよい」という時に使いますよね。

 

相手は「自分よりもよい半分である」という意味なんですって。

 

そのベターハーフと出逢うことによって人は回復し、癒される。

 

まさにこれって、ツインレイのことでは?!やっぱり信じていいんだ!と思えるかもしれません。

 

「信じたい。でも・・」もしかしたら・・揺れ動く気持ちと葛藤しているでしょうか。

 

相手がツインレイであるか、そもそもそんな人いなかったんじゃないか、といったことよりもっと大切なことは

 

あなたが素晴らしい愛の世界の体験者である、ということ。

 

全力で愛し愛されて半端なく傷ついて、今も必死に這い上がろうとしているあなた。

 

そんなに苦しい思いをしてなお、ツインレイと出逢う前の自分に戻ることは決してないと思えること

 

これら全てのことが、お相手が本物の運命の人であったことの証ではないでしょうか。

 

愛のない関係が終わる時、後悔や虚無感に襲われます。

 

(相手に対する怒りや軽蔑、自分の味わった苦痛だけが思い起こされ、なんて無意味だったのだと思ったり、時間を返してほしくなったりします。)

 

愛の力で、あなたの魂を向上させられる人こそが本物です。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5