ツインレイ 人気の高かった記事

ツインレイ、それは永遠に惹かれあう魂の伴侶<8>立ち止まり、考えてみる

4月 20, 2021

 

誰の中にも、これまで探索されたことすらない、未開発で未使用な能力があります

少しづつゆっくり記述してこともあって、<8>まできてしまいました。

今回はちょっと立ち止まり、ツインレイについて考えながら冒頭の言葉

「誰の中にも、これまで探索されたことすらない、未開発で未使用な能力があります」

に辿り尽きたいと思います。

かつてツインレイの記事を依頼されて書いていたとき、

私も含め、こんなにも「ツインレイ」について知りたい人がいるのだ、

と知って驚いたのと、自分はまだまだそうした思いに応えられていないと思いました。

ツインレイについては、この「特別な関係」をどう捉え進んだらよいのか、ということもあると思いますが、

自分の中の「愛」をよりよく昇華させてゆきたい、

という気持ちの強い人が多いのかもしれません。

人に愛されるためにはどうしたらよいのか

いやというほど教えてもらうのに、私達は

「人の愛し方」については、殆ど教わりません。

 

ツインレイは霊性が高く、

自立した精神の持ち主と言われますが、そうであるなら、それゆえに孤独であったりします。

「陰」と「陽」の関係についてもお話していますが、

自分の体験からしても、

片割れの「陽」に手をひかれること

は、私はとても大切だと思います。

あなたが(私が)大人しくて真面目でも、

そのままでいて、そこに「行き詰まらない」こと

が大切だと

言われているような気がするのです。

そんなことを言わなくても、きっとあなたたちは やってのけてしまうでしょう。

例えば、他の人に言われたなら絶対にそうしない、って思うようなことであっても、

愛する人から

「君ならきっとできるよ」「信じているよ」と言われたら、なんとかその思いに応えようとする

のではないでしょうか。

そして、今の自分を超えようとするでしょう。

 

 

ツインレイの恋愛プロセスの中で、最も辛い「サイレント期間」に突入すると、

もうここから抜け出せないかもしれない

と、袋小路に入ったような、閉鎖感の中に立たされます。

そうなったとき、よく言われているように

「孤独を楽しむ」のは大事だとしても、一歩間違えば「一人」になることに慣れてしまい、

いつのまにか人との関わりあいを避けるようになっていくことだってあります。

もう、あの輝かしい時は永遠に自分には訪れないのだ

と思えば、心を閉ざしてしまう可能性だってあります。

一旦孤立の道を受け容れ歩み始めてしまうと、やがて社会からも自然からも宇宙からも孤立したようになり、「疎外感」に襲われ彷徨うことになります。

良い縁に繋がるためにも、一人で生きていく(ひとりよがり的になる)という生き方を私は勧めたくはないのです。

ツインレイとの関係はとても素晴らしいものです。

それでも、

ただお互いを求めあうだけの関係から、私達は一歩も二歩も前進する必要がある

のだと思います。

 

ツインレイと出会ったなら、「愛」について、

もっと深いことについて どこかで真剣に考えなくてはならなくなります。

「永遠」とか、

「時代や状況によっても変わらない真理」について、考えざるを得なくなる

でしょう。

もしも離れていることになったとしても、

根底では繋がりあっていて、お互いの愛に導かれている、

ツインレイとは、そういう関係であると思っています。

そんなことを言うと、怪訝な顔をされてしまうでしょうか。

 

そもそも宇宙の森羅万象は、一切が「縁起」縁りて起こっているー互いに支え合っているーのです。

相互依存の糸が張り巡らされているこの宇宙の中で、かたときでも「愛・慈愛」に触れることのできる関係であったなら、

その愛には、あなたをより大きな智慧と価値創造の方向へリードするための、限りない作用があります

 

もとより、

私達は、それぞれの立場で、それぞれの表現の仕方で愛を表現することができる、ユニークな存在であるのですが、

「愛」と呼んでいるものの中に、雑音が入ることもあります。

感謝とか尊敬とかではない感情

です。

あなた独自のユニークな愛の表現を送るにも感じ取るにも、できるだけ純粋であることが大切なのです。

純粋な愛であるほど、お互いの間に脈動するものと結びつきやすくなります。

 

私は仏法を学んでいるので、その視点からですが、

宇宙は慈悲(慈愛)によって営まれている

と言われています。

今がどんなに幸せでも、

あなた自身には何の問題もなくても、他の人が問題を抱えてきてそれに巻き込まれてしまうなど、

人生にはいろんなことが起きます。

それでも、この先にどんなことがあったとしても、純粋(な魂)であり続けようとするところに、人の成長や本当の幸せが

待っているのではないでしょうか。

 

気高き魂は、いつの時代にも人を惹きつけてやみません。

ツインレイに限らず、全てのことにおいて

その宇宙の慈悲の営みに参画しながら、創造のダイナミズムを高めつつ生き抜くこと

が、

幸せの「軌道にのる」鍵

であるように思います。

ツインレイとの関係がどのように進んでいったとしても、

あなたが何をする人であっても、その行いを通して

万物を繁栄と幸福に導く志をもつことや、「慈悲・慈愛の行為」を貫いていくところに、

生きる意味があり、あなたの舞台が待っているのだと思います。

冒頭の

これまで探索されたことすらない、未開発で未使用な能力

は、そのとき使い始めることができるのではないかと思うのです。

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5