人気の高かった記事 自分を愛する

自分を愛する、ということ

6月 27, 2020

◆自分を愛することが大切、っていうけれど、それってどういうことで、なぜ必要なのか

ツインレイ女性においては、

「自分を愛することが大切」と、よく言われますよね。

ただ、それって具体的にはどうすることなの?と思ってしまう人は多いのではないでしょうか。

私は、自分を愛するとは

自分を「好き」でいられるようにすることではないか、と思っています。

では、ツインレイ女性は なぜ自分を愛することが大切だといわれるのでしょう。

いろんな解釈があると思いますが、

それはツインレイと出逢った時こそが「自己愛」を学ぶ最適な時だから、ではないでしょうか。

究極の癒しの存在であるツインレイと一緒にいるとき、

唯一自分を好きでいらる、

このままの自分でいい、って自分を肯定できる

から。

すごく幸せな恋愛だと思います。

そういう時、

心はとても純粋で、

魂の純度が高く、迷いがありません。 あなたが幸せでいることで魂はどんどん洗われ、透明度が増してゆきます。

だから、何もかもが素敵に輝いてみえます。

誰がどうであっても優しくなれて、

自分ほど幸せな人はいない、

もしも、 もしもこのままの状態で日々の出来事に接していけるなら、

どんな小さなことにも、魂的な意味を見つけていける、

人から見たら不幸せに思えるようなことも、幸せへと変えていける、

そう思えるのではないでしょうか。

なのに、

それと同じくらいの不安に襲われることもあります。

こんなに幸せな時が長く続くわけない

人生には幸も不幸もあるのだから、どこかでこの精算をしなくてはいけないに決ってる

って思ってしまうから。 私達は

苦労しなくちゃ幸せは手に入らない

と学んできたから。

 

あなたは、

自分のことを差し置いて「人のため」に頑張ってしまう人

ではありませんか。

自分だって凍えそうなほど寒いのに、自分を温めるより先に、人を温めようとしてしまうのではありませんか。

最初は「心から」していたことが、

いつの間にか自分の存在を認めてもらうための「犠牲的」行為になってはいないでしょうか。

  ◆自分を愛する?それって利己主義じゃない?

自分のことより人に尽くすほうが先

と教わってきた人も、いると思います。

自分を愛するなんて、ナルシストじゃない?

と言われたなら、やっぱりそうかな、と思ってしまうかもしれません。

でも、

自分を好きでいられる時のあなたは、ナルシストや利己主義になっているでしょうか。

むしろ

他の人にも、自分と同じくらい幸せになってほしい!

っていう気持ちから、人に尽くせるのではないでしょうか。

ツインレイは、

幸せな自分でい続けることが、どれほど大切か

を、学ばせてくれる相手であるともいえます。

まだ、そんな素敵な恋愛を経験していない、

と思っていても、「愛する」ことはあると思います。

その対象は、ペットであるかもしれないし、家族の誰かであるかもしれません。

その大切な誰かと一緒にいる時の幸せをあなたは知っているし、その時の気持ちを想像したり、思い出すことができます。

そうした想像力を、是非自分のために活用してみて。

あなたが自分を好きでいられることで、得られるものが沢山あります。

気分がいいと、いい顔でいることができます。

そうすると、いつもいい顔のあなたを、沢山の人が意識するようになります。

幸せ色に包まれている人のほうが「安全」そうだし、「安心」感があります。

人は安心できる人のそばにいたいですから☺。

柔らかくて 肌触りのよいクッションに包まれると幸せな気持ちになるよね

◆自分を愛することができていないと、自分の不足を人に埋めてもらおうと期待してしまう

ここを訪問してくれる人の中には、

今はツインレイに興味を持っているだけだけど、いつかはそのような人に出会いたい、って思っている人もいるかもしれません。

あなたはいい人なので、

自分を好きになってくれるなら、誰だっていいよ

なんて、いうかも知れません。

けれど、人は自分に足りないものをうめてくれる相手を、無意識に求めてしまうものなのです。

例えば

あなたが数学や英語が苦手なら、数学や英語が凄く出来る人に惹かれてしまうかもしれないし、

話下手だと思っていれば、場を盛り上げてくれそうな人に惹かれてしまうかもしれません。

それが悪いわけではないんです。

世の中は持ちつ持たれつの関係で成り立っているから。

けれど、

相手を「あてにする」恋愛

では、失望してしまうこともあるかもしれません。

もしもその人が、あなたの期待に応えてくれなかったとしたら?

幸せを感じられないような出来事が起きても、

簡単には崩されない「絶対的な幸せ」を自身の中に育み、尚且つ強固にしていくことが大切なのです。

よく「自分軸を築こう」などのように言われていますよね。

でも、頑張る!なんて言わないでくださいね。

あなたがよいと思って始めることは、自然に身に付いていくからです。

  **追記

◆自分を愛するとは、あなたの魂が喜ぶ方向に向かって生きること

「自分を愛する」ことは、

生き方を自ら選んでいくことでもあります。

本当の自分は何をしたいのだろう、

と考え、自分らしく生きていくこと。

だから、 ツインレイと出会った人は、生き方が大きく変わっていくのだと思います。

自分軸で生きられるようになると、自分の信念できちんと判断できるようになります。

いいと思って進んで悪い結果になったとしても、誰のせいにもしない、

と覚悟できるようになります。  

自分を愛していないとき、人からも愛されていない

と思えるものです。

私もそうなのですが、

自分の意志が尊重されない環境に育ったり、 子どもの頃から親や周りの人達の顔色をうかがい生きてきて、

自分の基準で物事を判断する

ことに慣れていなくて、そうした生き方ができないでいることがあります。  

そもそも自分のことを好きになれない、

だからどうしようもないんだ、

と言いたくなる人がいるかもしれませんが、

自分の「好きじゃない」ところをわかっているのであれば、 好きじゃないところを変えていけばよいのですから、私は変わっていけると思います。

あなたが、

今のあなたであることを強要している人は誰もいません。

ただ自分や周りが思っている自分になろうとしているだけ、かもしれません。

変わらないとしても、 あなたが最も得意とするところに目線を向け、最大限に伸ばしていく中で、

考え方が前向きになり、気にならなくなっていくでしょう。

 

また、 自分を好きになれないからといって、

私達は

自分じゃない誰か

になることなどできません。

世間的にみて「羨ましいな」と思ったとしても、それが 自分が願うこととはまったくかけ離れた、ズレたイメージなのであれば、

そのような人ばかり追って一生を費やすなんて、もったいないことです。

あなたは迷わず、あなたの好きなことから、 お金が儲かるからとか、誰かに好かれるとかの理由ではない、

自分の魂が喜ぶから!

という理由ですることをやっていくなかで、きっと自分を大好きになることができます。

 

***追 追記

 

◆自分を愛することについて、仏法で語られていること

自分を愛する」ことについて、仏法説話でも語られているところがあります。 コーサラの国王が、釈尊に尋ねるのです。

真に自分を愛するとは、どういうことでしょう

それに対し、釈尊はこう言います。

世間には

自分を愛しているといって欲楽にふけっている人がいます。

このような人は、

その身において悪を行い、その口において悪を語り、その心において悪を思っています

と。

自分を愛することがいけないと言っているのではなく、その仕方が間違っていると戒めているのです。

このような人は、

自分が愛しい人のために決して行わないことをしています。

反対に、 自分を愛しているなんて吹聴しなくても、

その身において善を行い、その口において善を語り、その心において善を思っている人がいます。

そのような人こそ 真に自分を愛する人である、

というのです。

このような人は、

人が愛しい人のために行う善を、自分のために行っているのです。

自分を愛している人は、だから真の幸せを得ることができるのだ、と語られています。

 

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5