スピリチュアル 恋愛 運命の人

自分を愛する、ということ

スポンサーリンク

◆自分を愛することが大切、っていうけれど、それってどういうことで、なぜ必要なのか

 

ツインレイ女性においては、

「自分を愛することが大切」と、よく言われますよね。

ただ、それって具体的にはどうすることなの?と思ってしまう人は多いのではないでしょうか。

私は、自分を愛するとは

自分を「好きだ」と思えるようにすることではないか、と思っています。

それでは、ツインレイ女性はなぜ「自分を愛すること」が大切だと言われるのでしょう。

それはツインレイと出逢った時こそが「自己愛」を学ぶ最適な時だから、ではないでしょうか。

究極の癒しの存在であるツインレイと一緒にいるとき、

唯一自分を好きでいらる、

このままの自分でいい、って自分を肯定できる

という人は多いのではないでしょうか。

こんなに幸せな恋愛はないと思います。

何もかもが素敵に輝き、誰がどうであっても優しくなれて、自分ほど幸せな人はいないのではないか、そんな風に思えるのではないでしょうか。

けれど、それと同じくらい不安に襲われたりもします。

「こんなに幸せな時が長く続くわけない」

「人生には幸も不幸もあるのだから、どこかでこの精算をしなくてはいけないに決ってる」

って思ってしまう、苦労しなくちゃ幸せは手に入らないと学んできたから。

あなたは、

自分のことを差し置いて「人のため」に頑張ってしまう人ではありませんか。

自分だって凍えそうなほど寒いのに、自分を温めるより先に、人を温めようとしてしまうのではありませんか。

最初は「心から」していたことが、

いつの間にか自分の存在を認めてもらうための「犠牲的」行為になってはいないでしょうか。

◆自分を愛する?それって利己主義じゃない?

「自分をことより人に尽くすほうが先」だと教わってきた人も多くて

「自分を愛するなんてナルシストじゃない?」と言われたなら、やっぱりそうかな、と思ってしまうかもしれません。

でも、

自分を好きでいられる時のあなたは、ナルシストや利己主義になっているでしょうか。

むしろ

他の人にも、自分と同じくらい幸せになってほしい!っていう気持ちから、人に尽くすことができるのではないでしょうか。

幸せな自分でい続けること」がどれほど大切かというのを、ツインレイは愛を育む中で体験する必要があるのだと思います。

これからはあなたたちが先導して、多くの人を幸せの渦に巻き込む必要があるから。

「自分はまだ、そんな素敵な恋愛を経験していない」

と思っていても、人を愛することはあると思います。

あなたの愛する人は、家族の誰かであるかもしれません。

その大切な誰かと一緒にいる時の幸せをあなたは知っているし、その時の気持ちを想像したり、思い出すことができます。

そうした想像力を、是非自分のために活用してみて。

それは「幸せ」の第一ステップ。

あなたが自分を好きでいらることで、得られるものが沢山あります。

気分がいいと、いい顔でいることができます。

そうすると、いつもいい顔のあなたを、沢山の人が意識するようになります。

幸せ色に包まれている人のほうが「安全」そうだし、「安心」感があります。

人は安心できる人のそばにいたいですからね☺。

柔らかくて 肌触りのよいクッションに包まれると幸せな気持ちになるよね

◆自分を愛することができていないと、自分の不足を人に埋めてもらおうと期待してしまう

ここを訪問してくれる人の中には、ひょっとしたら今はツインレイに興味を持っているだけだけど、いつかはそのような人に出会いたい、って思っている人もいるかもしれません。

あなたはいい人なので、

「自分を好きになってくれるなら、誰だっていいよ」なんていうかも知れません。

けれど、人は自分に足りないものをうめてくれる相手を、無意識に求めてしまうものなのです。

例えば

あなたが数学や英語が苦手なら、数学や英語が凄く出来る人に惹かれてしまうかもしれないし、

話下手だと思っていれば、場を盛り上げてくれそうな人に惹かれてしまうかもしれません。

それが悪いわけではないんです。

世の中は持ちつ持たれつの関係で成り立っているから。

けれど、相手を「あてにする」恋愛では、失望してしまうこともあるかもしれません。

もしもその人が、あなたの期待に応えてくれなかったとしたら?

幸せを感じられないような出来事が起きても、

簡単には崩されない「絶対的な幸せ」を自身の中に育み、尚且つ強固にしていくことが大切なのです。

お察しのとおり第②ステップとは、自分軸を築いていくこと

でも、頑張る!なんて言わないでくださいね。

第一ステップからは自然に第二ステップへと移行していくからです。

あなたがよいと思って始めることは、自然に身に付いていくからです。

 

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5