人間関係 恋愛 運命の人

ツインレイと出逢えたのはどうして?

スポンサーリンク

◆ツインレイと出逢った時、相手の中に自分を見ている気がする

あなたとお相手は本当にお似合いのカップル、他の誰からそう言われなくても、相手の中に自分を見ているような気がする、自意識を解放させてくれるような心地よさがあります。

ずっとこんな恋愛がしたかった、こんな人がいたらなぁ・・なんて思っていたこと全てが形になって、驚いているかもしれません。

これまではっきりした理想のタイプがなかったという人も、「私って、こんな人が好きだったんだなぁ。」と、気付いたかもしれません。

いずれにしても

「夢なら覚めないでほしい」と願っている日々ではないでしょうか。

でも、自分はどうしてこんな素敵な人と出会うことが出来たのかしら、恋愛に意識を向けることすら、もうなくなっていたのに。

◆ツインレイに出逢えたのは、あなたが覚悟と勇気をもって手放したから。

「恋愛重視の生き方」ではなくなるというのも、ツインレイが人生の後半に出逢うことの要因の一つといえます。

誰かを愛することをやめるという意味ではありません。

狭い枠の中に囚われる生き方から脱することをいうのです。

あなたがツインレイと出逢った時の状況を思い出すなら、まさにそうではなかったでしょうか。

あなたは一生懸命になっていて、気付かなかったかもしれませんね。

それはなんらかの事情で追い詰められ

「それでもいいじゃない!」と、これまで自分を支えてきたプライドや信条、古い価値観を捨て去った時だったでしょうか。

或いは昇進するなど、これまでの生活が終わりを迎え

「格好つけてる場合じゃない。」と、自分を着飾っていたものを排除した時だったでしょうか。

手放す苦しみこそあったかもしれませんが、それを実行した時には、どこか「解放感」があって

「ああ、これでよかったんだ」と納得していたのではないでしょうか。

或いは「どうしてもっと早くそれができなかったのだろう」と思ったのではありませんか。

あなたがツインレイに出逢ったのは、自分の人生や、その人生に必要なものを「受け容れる」準備ができたから。

そして、同じ頃お相手もまたそのような心境にあった可能性が高いといえます。

私の尊敬する茂木健一郎さんの書籍の中に、「ピア・プレッシャー」という言葉が登場します。

ネットでその意味は調べられると思いますが、書籍には

「結婚しなければ幸せになれない」といったような社会からの圧力と書かれています。

そのうえで、婚活が必要なのもそうした社会的な暗示にかかっているからだ、といったことが語られています。

つまり、周囲と同じ生き方こそが望ましいと思っていて、その軌道から外れることだけは避けたい、と思って必死になってしまうのです。

ツインレイに出逢う前のあなたも、心のどこかで

こうでなければ 幸せじゃないんだ」と思いこんではいませんでしたか。

自分の幸せに本当に必要な人と出会うには、社会的な囚われから脱し、自由になることがまず大切です。

今でこそそう思え、そう言える私ですが、ツインレイに出逢うまでは人に翻弄され続けていました。

自分であって自分ではない生き方をしているのですから、いつまでたっても幸せになれるはずがありません。

いつも他の人の方が正しいことをしているような気がして、本心では望んでいない選択をし続け生きていたのです。

◆ツインレイと出逢えたのは自分の人生は他の誰とも違うことを受け容れたとき。そこから物語がスタートする

他のどの人とも違う、自分の人生を受け容れようと決めたとき、腹が据わった時

はじめてその人生に相応しい人や必要な人が現れるのだといえます。

それだけ、ツインレイとの恋愛には「勇気」と「覚悟」が必要だということです。

あなたは

「その時時間がとまり、電流が走った(ドラマにありがちな台詞だ・・)」などのように、運命的な出逢いにはドラマチックな雰囲気や神秘体験があると想像してはいませんでしたか。

なのに、実際はありきたりな風景の中で出逢い、全然おしゃれなんかしてない時に出逢い

「なんだか物足りなかったな。できるなら、もう一度あの時を再現したい」なんて思っているのではないでしょうか。

何しろ、一世一代の瞬間なのですから!

けれども、あなたにとって本当に記念すべき日はこれからなので、スタートは地味で、くすっと笑えるくらいがちょうどいいのです。

魂の故郷に戻った時、あなたはこの日沢山のソウルメイトに見守られながら、或いは導かれながらお相手に出逢ったことを知るでしょう。

また、こうも考えられるでしょう。

たとえごくありきたりな風景の中ですれ違っても、二人はお互いが認識できるものを携えて生まれてきている(相手を察知できたあなたは凄い!)のだと。

この「暗号」ともいえるものについては、次にお伝えしたいと思っています。題名は何にしましょうか。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5