ツインレイ

ツインレイ、それは永遠に惹かれあう魂の伴侶<5>通常の恋愛とどう違うのだろう

4月 16, 2021

 

このくらいの偶然なら、通常の恋愛だってあり得るのではないか。

誕生日が一緒だったくらいで舞い上がるのは早合点ではないか、

双方が想い合っていれば、それだけ

「強い思い」があるなら、長年連れ添った夫婦の「あ、うん」の呼吸みたく

無意識レベルで会話できるようになっていくのではないか、

ふと、そんな風に考えることもあります。

どれだけツインレイの記事を書き続けていたとしても

ツインレイ?本当か?

なんて思う私がいたりします。

「Xファイル」のモルダーとスカリー(ちょっと古くてゴメン)、二人の組み合わせがあって難事件をくぐり抜け、無事生還を果たすように、

どっち(精神世界と物質世界)に行きすぎても、この世界を「心地良く」生きるうえでは支障をきたすでしょう。

身近な人が

神様を見た

とか言ってたら、この人はちょっと危ない人なんじゃないか、と思うし、

当人にとっても社会性に欠けた状態になって、

生きることが辛くなってしまうでしょう。

生きていくうえで欲しいものを買ったり、美味しいものを食べたり、仕事をして物質世界で満足しながらも

幸せってなんだろう

と考えたり、見えないものを理解する、

そうしたバランスをとることは、クオリティを形成するうえで

とても大切なことで、

あなたがもし、そういう自問の中にいたとしても健全なことだと 私は思っています。

 

私は転生輪廻を信じているので、

通常の恋愛や結婚には「カルマ(業)」の関係もある、

と思っています。

カルマによって結びつく関係は、いわゆる「強者」と「弱者」の関係に陥りやすく、どちらか一方の想いだけが強かったりします。

長い年月をかけて、それを変えていくカップルもいます。

向上心の強い人ほど、

自分をより完全にしてくれる存在

を求めがちです。

実際には合わないのだけど、

自分とはかけ離れている人が素敵に見えてしまったり、憧れから背伸びして大きな痛手を負ってしまう、

といったこともあるでしょう。

 

通じ合う恋愛は、

何か同じレベルのものをもっている

と、強く感じあえます。

等身大で、自分に正直になれる相手。

本物の理想の自分になれる関係です。

 

可愛い人、天使のような人、クールな人、憧れの的、情熱的な言葉を口にする人・・・、

この人生の中で、あなたの瞳の中を通り過ぎる異性は大勢います。

そのうちの誰かがあなたに魅了されたら、或いはあなたが魅了されたなら、

その人に抱擁され、優しい言葉をかけられ、愛され、相手を無我夢中にさせていると思えたら、

至福のひとときであるでしょう。

そうして本気になると、例えば自分のコンプレックスや、これまでの恋愛遍歴などを

隠しておきたいと思うようになります。

隠さないとしても、

相手に発信して不利な情報は、敢えて伝えたりはしないでしょう。

ネガティブなことで関係が壊れるのを恐れるから。

無意識ながら、それぞれが

自分を守る必要がある、

と感じさせる関係です。

 

ツインレイの恋愛には、そうしたものがないのも特徴で、

ネガティブなことで関係が壊れるはずはない

という、奇妙な信頼によって結ばれています。

優しい言葉で遠回しな言い方をしないし、当たり障りのない返答で片付けたりはしません。

あなたの過ち、しそうなことをよくわかっていて

グサッ」とくることを平気で言ってきたりするわけです。

あえて患部を剥き出しにし、徹底治療するような、荒手なことをやってのけます。

それは、常に相手が成長することだけを願っているからです。

 

次回へ

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5