スピリチュアル ライフスタイル 恋愛

恋がしたいのに、好きな人に出逢えないのですか?

スポンサーリンク

◆恋がしたい、でもこの人と思う人に巡り会えない?

合コンやSNSでの繋がりなど、今は断然「出逢いの場」に恵まれていると思います。

私の青春時代にそういう場があったらどんなによかったかと思いますが、こんなに出逢いに恵まれたご時世になっても「恋人ができない」悩みは尽きないと聞き、正直驚いてしまうのです。

私も恋愛に関する本を少し読んだことがありますが、たいていは

もっと自信をもって!」とか

とにかく外に出掛けよう!」とかって書かれているのではないでしょうか。

確かに「数」を打たなくては出逢う率も下がります。

なので、とりあえず「外に出る」を実行している人は多いかも知れません。

人との出逢いを楽しむ気持ちも、期待を膨らませて動くことも、心が活気づいてとてもよいことだと思います。

ただ、

そうして出逢いの場に赴いても、盛り上がりはするけれどその先がなくてその場限りに終わってしまう、

こちらが積極的に働きかけても、相手の反応がいまいちだったり、タイプではないような気がしたり、恋人候補者に出逢えない理由はいろいろにあると思います。

解決を探るほどに

・出逢いの数が少ないのでは?

・理想が高すぎるのかも?と、自分の努力不足を反省したり理想を下げたりしているうちに、何を求めているかわからなくなっていく、なんてことがあるのかもしれません。

勿論、そうこうしているうちに理想の相手に巡り会えることはあるかもしれませんが、

焦ったり絶望的な気持ちになっている時にとる行動はやはり絶望的な方向に進んでいきます。

不安や欠乏感、劣等感や無力感などに支配されてしまえば、あなたの心を健康的で幸せそうに見えがたくしてしまいます。

◆恋がしたいと思っている時、エネルギーを向ける方向は自分

これまでもこれからも、あなたが意識を向ける相手は「どこか自分に似通ったところがある人」ではないでしょうか。

そこで質問です。

あなたは、自分と恋愛したいと思いますか?

なんて・・

こんなことを言っている私自身、恋愛経験は多くはありません。

その数少ない恋愛経験を振り返った時、

「恋愛できる相手」に出逢うことを意識している時よりも、そうではない時のほうがその出逢いに恵まれていたように思うのです。

例えば

完全に仕事モードでいる時・友人関係に力を入れていて、異性は眼中にない時 などです。

「お願いだから、今私のことはほうっておいて」と極力目立たないようにしているにも関わらず!

そのような時ほど、何故かほうっておいてもらえません。

職場には私より若く、且つ綺麗な人もいるのです。

とても不思議すぎて

私はこの不思議な現象について考えたことがあります。

自分ではない人に置き換えて考えてみたのです。

中学の時、「いいなぁ」と思っていた人がいました。

そのことをクラスの女子の輪の中で話していたら、他の女子達も少し意識しだすようになりました。

ついには告白する人も現われるようになり、

その男子に人気が集まるようになっていく課程を、私は静かに見守りました。

そして、私の恋心はなぜか冷めていきました。

私があまのじゃくだから?

それもあるかもしれませんが、「他の人の目を意識しだし」、「誰がみていようといまいと関係ない自分を失っていく人に対する、私の関心は薄くなっていったのです。

茂木健一郎さんの書籍「今、ここからすべての場所へ」の中に、こんな一文があります。

 

私はその不細工なおかみさんを愛してしまったかもしれないと思う

 

その「不細工なおかみさん」に、茂木さんは「魂を不意打ち」されたのだと述懐しています。

人を恋する瞬間とは、そういうものかもしれません。

ある時、授業を終えお昼時に一人で入った。

 

お世辞にも美人とは言えないおかみさんが、奥の三畳に座ったまま顔を上げた。

 

どうやら、客が来なくて暇なので、一人でジグソーパズルをやっていたらしい。

 

生活の心配などいくらでもあるだろうに、その笑顔には一点の曇りもなかった

相手からどう思われているかを気にしている時は、相手のことをしっかり見つめるより先に「相手から見られている自分」を強く意識してしまいます。

それが途端に自分の魅力を失わせ、相手から「つまらない人」に思わせてしまうのではないか、

何の意図もない無垢な自分を生きている時のほうが、相手の目を釘付けにさせるほどの、圧倒的な存在感を放ってしまうのではないか、そんな風に思えてならないのです。

◆恋がしたい、と思った時は、「素敵な相手に見つけてもらえる」予兆かもしれない

気乗りのしない相手とデートを重ね

若くて魅力があるうちに急いで相手を探さなくては、と

焦燥感に駆られているとき、えてして物事は良い方向に進展してはいかないのです

本心から「そうしたい」と望んでいなければ、心は葛藤しやすくなるからです。

反対にしかるべき時しかるべきところにいる時には、物事は滞りなく進んでいくものです。

自分を見つけてもらえないのではないか

と心配し、奔走する必要はないのです。

見つけてもらえるのは、あなたが一番自然体でいられ、向かうべき方向にひたむきに向かっている時。

あなたが自分の呼吸で何かに打ち込んでいる時、あなたの横顔は素晴らしい存在感を放ちます

あなたはそうとは知らず、相手に見つめやすくさせておいて

あなたの魂に生きているものを見せつけるのです

それはどんな人の魂の中にも生きていて、

どんな人の中からも芽ばえてくるはずのものに刺激を与えます。

理性と、相手の魂の中にまどろむ感情に訴えかけ、ハートを揺さぶります。

恋がしたい、と思った時は

あえて「理想の相手探し」から一歩下がり、「それ以外」のことに夢中になって、それと通じ合える「人を惹きつける人」になることのほうが結局は早道なのではないでしょうか。

時には、その立場は逆転するかもしれません。

条件のよい人」を探し出そうとするのとは違う

目の前の人を「理解したい」という眼(まなこ)でその人を捉えたあなたの方が、心を鷲づかみにされる可能性もあるでしょう。

理想の人を探すことを諦めた途端、理想の相手に巡り会えた」というのは、そういうことだと思うのです。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5