ダイエット

ダイエットが続かないのは意志が弱いから?

12月 29, 2020


◆ダイエットできないこと=意志の弱さとは限らない

若い頃は、ちょっと体重が増えたとしても、翌日から少し食べる量を調整すれば元に戻りました。

でも、ある年齢(人によって違うよね)を過ぎた辺りから、ちょっとした運動を取り入れても、食べる量を減らしても、びくともしなくなりました。

というか、

ちっとも食べていないはずなのに

変化が感じられず、

これはまずいことになったぞ!と、焦りました。

実際には体重は増えていないのですが、体型の維持が難しくなって、

自分なりにプチ断食してみたり、食事の仕方に変化をつけたりして、いっときは随分苦労しました。

今はいい意味で諦め(?)、健康重視で「腸」の働きをよくすることに努めています。テレビでもいろいろやっていますよね。

よく

便秘の時って、どうしたらいい?

と聞かれますが、私個人は

食事に変化が必要なのかもよ。

と言っています。

普段食べているものって、メニューを変えてはいても、自分好みになりがちです。

そこをちょっと意識して

買い物に出た時、

これって、あんまり食べていないかも

と思うものを取り入れてみたらどうかな、と思います。

少なくとも、私の場合はこれが一番腸への刺激になっているようで、いまのところ便秘知らずです。

ただ、

生活そのものが多忙で、食事に配慮できない時期があったりもするかもしれません。

私自身がそういう時期を経験しているので、体重が減らないから

意志が弱い

とは言えないと思います。

 

私の友人を見ていても思うのですが、ひとつひとつを大事に実行していてる人もいます。

そういう人は、

ちゃんと〇〇ができてから

とか、タイミングを測っているうちに、好機を逃してしまう可能性もあると思います。

◆重い腰を上げるのは、最初の一歩だけ

日常生活も(私の子供の頃からすれば)随分変わり、トイレも様式で座るだけ、買い物もネットで済ませることができるなど、

ある程度は身体を動かさずに済ませられてしまいます。

また、年齢があがるにつれ、

身体を動かすことを億劫に感じてしまうようになれば、体力・意欲ともに失われていきます。

 

自分も「ダイエット」が必要かも、って思うけれど、その言葉を聞くと、

何かを始めたり、課せられるような気がして、

まずとっかかることを億劫だと感じるかもしれません。

「やる気」が出るまで無理だ、大変なことを強いられると思うと、それだけでそっぽを向きたくなりますが、

実のところ、最初の一歩だけ、

少しやってみるか

というという気持ちがあればいいのだと思います。

私達は、

習慣化していることには殆ど意識を払わずやっています。

例えばテーブルをひとふきするつもりだったのが、

いつの間にか部屋の壁紙まで貼りなおしていた、みたいな感じになって(おおげさかな)

いけばいいんじゃないかな、と思います。

 

その最初の一歩も、

例えばアクション系のストーリーを見たり、朝のニュース番組の最後で出演者がエクササイズをやってるのを見たりしていると、

案外その気になれたりします。

◆ダイエットが続かない、その原因は?

ダイエットが続かない

のはどうしてでしょう。

一つには、

「食べる」行為そのものが、あなたにとってストレス解消になっている

可能性があります。

もしも「ストレスがある状態」でダイエットしようとしたなら、

誘惑に負けやすくなって当然

かもしれません。

「頑張って」ダイエットするぞ!

というのは、

身体に「無理させるぞ」!

と宣言するようなものです。

禁止項目を沢山掲げ

こうしないとダメ!

ということがあまりにも多いと、無理が重なり

毎日が益々辛くなっていきます。

ネルギーダウンしている体はあなたを

守ろう

として働き、

もっと栄養を取り入れるよう

促すでしょう。

生命維持の方向に働く本能に幾ら強い意志で挑んだとしても、勝利はない

のです。

◆自分の心を癒すところからはじめよう

では、どうすればよいのでしょう。

過去の記事の中でも

心が満たされている時は、余分なものは欲しいとは思わなくなる

と言ったことがありました。

ダイエットを始めるときはやはり、心を満たすような働きかけも忘れないように

しましょう。

「持続のため」に必要なこと、それは

内面に潜む意識と無意識の矛盾を取り払って開始することです。

これは

科学的にも

言えることです。

ダイエット方法はいろいろあると思いますが、その効果を上げるためには、

「腸」を健康的に保ち、排泄機能を高めることが大切です。

その「腸」は

「脳」や他の多くの臓器と複雑にコミュニケーションをとり、連携しています

何しろ、

「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」の9割は腸でつくられる

のです。

セレトニンとは

ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、やる気を起こさせたり、前向きな幸福感に影響を与えるとされるホルモン。

ストレスにより自律神経が乱れれば

腸の動きがコントロールされにくくなるし、

結果悪玉菌を増やす

ことに繋がります。

「腸」の動きを活性化させ、ダイエット効果を上げるためにも、

幸福で安定した精神状態

はとても大切なのです。

◆ダイエットを持続させるためには、無意識からの妨害を受けないように進めることが大切

「まずは」食べたいものを食べ、

「ダイエットしている」なんて感じないほど

緩やかに進めていく

ことをお勧めします。

あれはダメ、これもダメ、こうでなければいけない!

と理性で抑えつけようとするほどストレスになり、

食欲と本能の熾烈な闘いに追い詰められる

ようになります。

 

ダイエットを始めようとしているのに、ついおやつを食べてしまい、

また食べてしまった、私って、本当にだめだ

と思うこと、あなたはありませんか。

食べてしまうと、

食べてしまったことで、その罪悪感がストレス

となります。

なら我慢すればよいかというと、

今度は

我慢のストレス

に苦しむのです。

だから、

こうしたストレスコントロールというのは、簡単ではありません。

ならその中間をとって、美味しいとは思わないけど、低カロリーのものを摂取すれば大丈夫かと思うかもしれませんが、

食べたいものを我慢して

別のもので補うことで、

食べているのに満たされず、かえって多くの量をとってしまう

ということも起こりえます。

むしろ

食べたいものを食べ、

美味しかった!ストレス解消♪

とポジティブに思ったほうが、長い目でみれば太りにくい習慣を身につけられます

 

何事も「心を柔軟にし・力をつけながら・バランスをとる」ことが大切で、

心を柔らかにもって自由度を上げるほうが、

心は暴走しません。

食事制限は無意識に気付かれないくらいの変化が理想的

なのです。

例えば、ちょっとだけ盛り付けを少なくする(或いは以前より小さいけれど、見栄えのいい器にかえてみる)、

ジュースを買っても、全部は飲みきらない、夕食がとんかつなら、一切分は家族に食べてもらうなど、

「ちょっとだけ」を積み重ね、無意識から緊急停止ボタンを押されないようにするのです。

◆ダイエットを持続させながら、これまでのライフスタイルの見直しもしよう

あなたは

肥満

に悩んでいるわけではないかもしれません。

以前のようにプロポーションを良くしたい、美しい体を取り戻したい!という、

切実な願いがあるかもしれません。

注意したいのは、

「体」だけを健全に働くように癒しても、

習慣になってきたことが再び活動し始めたなら、また元にもどっていく可能性がある

ということです。

フィジカルはメンタルに通じ、逆もまた然りなので

メンタルをよりよく変化させ、悪習慣を絶っていくことも大切です。

ダイエットはただがむしゃらに頑張ればよい、というわけではなくて

例えば、

効果的な食事」についても、

人によっては全く意味をなさないものもあったりします。

特定のものを食べていた時期太りやすかった、ということはありませんか。

それを検証してみる必要があるかもしれません。

実は私も「好き」で「健康にいいから」と信じていたものが自分を太りやすくさせていた、と気付いたことがあります。

当然、その習慣をやめれば元に戻るので原因は特定できます。

他の人には効果があり、一般的に良いとされるものの中にも、あなたの体質には合わなかったり、一見関係なさそうなことが太る原因を作っていることもあります。

「姿勢」を見直すだけで、体重に変化が起きることもあります。

ダンスのインストラクター(出産し、現在モデルを再開)した長女は、

ちゃんとした姿勢

ができている人が、それほど多くないと言います。

これに気をつけるだけでも、痩せたりスタイルが変わるはず!とよく言っています。

正しい姿勢でいることにより、

すべての神経がより正常に働くようになり、

関連しあっている身体の器官を正しい位置に保ちます

他にも「睡眠」「食べ合わせ」に問題はないかなど、

「当たり前」になっている生活を見直すことによって、

理想的なプロポーションを実現化し、維持できる秘訣が見つけられる可能性もあります。

定期的に水を飲むことは、組織からの老廃物を正常に排泄させる効果が、

起き抜けにぬるま湯を飲む習慣は体内の毒素を出す効果があり、

日常に簡単に取り入れることができます

運動、食べ物、その他あらゆる活動がどういう意味をもっているのかを「自分自身の中に見いだす」ことが大切です。

私達は自分の生命エネルギーに対して、自分に必要なことをするように命令します

だから、あなたが思いついたことにはきっと意味があり、

身体を「浄化」させるために必要だと思ったことは、それが「なんであってもまずは実行していく価値がある」といえます。

 

**追記

最近、海外の女性が減量にチャレンジして成功するプロセスを、TVで見ることがあります。

彼女たちは、

たいてい、過去のよくない出来事のために

食べ物に走って、本当の問題から目を背けていました。

そして、若い世代を

理想とは全くかけ離れた体系のまま、過ごしていたのだと思います。

 

人生についても、同じことが言えるのではないかと思います。

つまり、

あなたが自分の理想に則した人生にするには、

問題の根源はどこにあるのか、

ということを見つめる必要もあるということです。

 

この解決は難しい、と問題に飲み込まれ過ぎていたり、

周囲からの尊敬を得たい

という動機は、主体的に何かをする気持ちー

意を決する

に、至らないこともあります。

勿論、そうした動機が功を奏することもあるかもしれませんが、

どんなことも

着々と物事を進めるためには、

他人があなたを尊敬するか、

そのやり方を支持するか

などに惑わされないこと

が大切です。

誰でも、

自分の問題の解決に必要な

能力をもって生まれているので、

あなたがその気になりさえすれば、

主体的になりさえすれば、

あなたは、自分の目標達成に必要な能力を総動員することができます。

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5