スピリチュアル ライフスタイル

理想通りにいかない、と諦めていませんか

スポンサーリンク

 

◆理想通りにはいかない現実の中でも、あなたを魅了し続けるものは?

理想通りにはいかないからと、捨て鉢にならない人だけがそこに辿り着ける

 

◆理想通りにはいかない現実の中でも、あなたを魅了し続けるものは?

夢とは、

あなたの心を「シビレ」させるものです。

若い頃には、まだ遠くて「憧れ」のようなものであるかもしれません。

大きな夢であるほど、自分には届かないような気持ちにさせられます。

私も、ここまで時を経なければ「文章を書く」ことを仕事(生きがい)にはできませんでした。

しかも、そのスタートが自分の苦手とする「恋愛」とは!

恋愛について語れるほど私は通じていないのです。

正直何度も「今回で終わりにしよう」と思ったものです。

ただ、途中で「恋愛」も「人生」も元は同じなのだと気づき、「テクニック」とは違う、自分目線での恋愛記事が書けるようになりました。

そんな風に、人生のどこかでは、すりあわせが効くようになっていったりもします。

将来はスポーツで活躍することを願い、実際凄いところまでいったのに、度重なる怪我のために夢を閉ざされてしまった、ということがあるかもしれません。

けれど、必ずしもスポーツ選手になることが「皆に感動を与える」手段ではないのだ、と気付き、そこからもっと素晴らしい・自分に相応しい未来を開いていくこともあります。

◆理想通りにはいかないからと、捨て鉢にならない人だけがそこに辿り着ける

ある日の新聞のコラムに、こんな記事が掲載されていました。

お母さんが息子のかばんの大きさに驚き、

「この中にはいったい何が入っているの?」と聞きました。

彼はいうのです。

「夢と希望!」

それから、息子の登校時にハンカチなどの忘れ物を確認した後、

「夢と希望は?」

「持ったよ」という会話が続いていったそうです。

彼にとって、運動用具は夢と希望そのものでした。

けれども彼は度重なる大けがに泣き、理想の未来は閉ざされ絶望を味わいます。

前述の「必ずしもスポーツ選手になることが」の下りは、彼のことです。

彼はその後、医療療法士としてスポーツをする人達を支え充実して過ごしているとのこと。

彼によって心救われ、新たな希望をもって歩み出す人はきっと大勢いるに違いありません。

理想通りにはいかなくても楽しいから、喜びがあるから進んでいける

夢とは、自分が「何のために存在するのかの発見」ともいえます。

他の人と同じものを見ているのに、あなたのハートのレンズを通すと、それは魅力的に輝くのです。

現実にはいろいろあり、途中でいろんな障害が発生するでしょう。

その道のりごと楽しむことが大切です。

どんな困難をもはねのけることができるのは「やっていて楽しいから」。

それはお金をもらわなくてもできること。

暫くは給料なしだよ、と言われてもくらいついていけるほど価値を見いだせなくては、その先なにかが起きたらもっとひどい挫折を味わうかもしれない。

自分以外の「誰かのため」というというのも、パワーを増幅させます。

オリンピックで

「手ぶらで帰らせるわけにはいかない!と思った」という名台詞がありました。

誰かのためにという思いは、自分を超越する力を引き出します。

夢は叶わないものだ、と思って諦めてしまうのではなく、理想や夢を「支点」として生きていくことが大切です。

劇作家の福田恆存さんは言います。

理想とは、それに現実を一致させるためにあるのではなく、それを支点として現実が回転し活動するためにあるのです

あなたでなければ通れない道があります。

その時にはわからなくてもあなたには必要な道で、全てが繋がる時があります

あの日の夢が、未来からの予感だとしたら?

あなたらしく進むところに、かならずあなたにとって最高の形で使命の道も開けていくはずです。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5