ライフスタイル 人間関係

頼まれたら断れないのですか

スポンサーリンク

 

◆頼まれたら断れない人を、頼む人は見抜いている

あなたはとても優しい人。

いつも、親切で同情的な雰囲気を漂わせているのではないでしょうか。

だから、頼み事も、心から実行できているときには疲れたり悩んだりはしないことでしょう。

けれどもし、あなたが頼み事を聞きすぎて気力をなくしているのであれば、

相手を識別する

ことが大切です。

世の中はいい人ばかりではないから。

万人に対して奉仕の精神をもっていては、エネルギーがいくらあっても足りません。

言い過ぎかもしれませんが、

「頼み事」が上手い人は、それを引き受けてくれる人をかぎ分ける能力がある

くらいに思っていることが大切です。

人の悪意や不機嫌さにエネルギーを奪われないようにしようと、心がけることが大切です。

◆頼まれたら断れない人に意識してほしいこと

あなたが疲れを感じるような頼み事をする人

自分の「できない」に対して正論をふりかざしたがる人

が多い、って思いませんか。

口ではそう言ってはいないかもしれませんが、

自分のやっている業務こそ一番大変で、自分の言ってることのほうが正しい、だから周りの人に

柔軟に対応しろ!

と、本気で思っていたりします。

そのような人達の犠牲になる必要はないわけです。

疲れる頼み事は、往々にして相手に利益をもたらしても、自分には何の見返りもなく、

もしかして、私いいように使われる?バカにされているのかも?!

と思わせます。

相手はあなたのおかげで他のことに没頭でき、楽しい思いをしているのに、自分はただ荷を背負わされただけ。

何もいいことはない、そんな否定的な感情だけが溜まっていけば、結局誰にとっても良い影響をもたらしません。

あなた自身の、自由に生きるスペースをしっかり確保することが大切です。

あなたの心が活気づいていれば、人を心から助けることができます。

◆損するとおもっても何故断れないの?

例えばそれをしなかった時の相手の反応が気になってしまう、

この人は頼んでも聞いてくれない冷たい人

という印象を持たれるのを恐れる、という場合、

自分には大切にされる価値がない

と思っていたりします。

だから、その価値を人を助けることで埋めようと思ってしまうのです。

けれども、あなたが「自分は取るに足らない存在だ」と思っていると、物事はより望ましくない方向に進んでいきます。

無理して引き受けても、

当然のことをしている

と思われ、感謝すらしてもらえなくなります。

それでも、会社などの組織の中にいると、相手が理不尽な頼み事をしているとわかっていつつ、断れない空気があるかもしれません。

そのような場合も気安く「いいですよ」と言う代わりに、

自分は今これだけ仕事をかかえていて、今日はここまでを進めなくてはならず、現状引き受けることができないのです

と、具体的な正論で返すことが大切です。

そうしたことで逆にあなたは尊重され、関係が改善されていくこともあります。

人の主張を鵜呑みにせず、背後にあるものを読み取る能力を磨こう、

そのように思ってみることも大切です。

そして、頼み事を引き受ける時、相手の顔も見ず気安く引き受けたりしないようにします。

相手の人格に向き合うことは、相手を尊重することでもあります。

上司なら上司との関係を、同僚なら同僚との関係を、家族なら家族との関係を「真面目に」考え、絆を強めていこうと考えることが大切です。

そう考えることで、損得感情・規制などの緊張感が和らぎ、そこで何か問題が起きても調和が保たれるようになります。

あなたは元々深い慈愛の心を持つ人であり、親切で同情的な姿勢を持って生きている人です。

その慈愛に満ちた物の見方を人の心の道理に照らし、他の人と分かち合う、

それができるようになると、あなたはもっと自分を好きになり、揺るぎない自尊心を築けるようになります。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5