スピリチュアル ライフスタイル

不幸な星の下に生まれたのでしょうか

 

 

◆不幸な星の下に生まれた、社会や運命を呪って生きている時は心が閉ざされている

自分の生まれた環境が複雑で、経済的にも苦しくて、親兄弟には恵まれなくて、自分の境遇を嘆き、

「自分は、なんて不幸なほしの元に生まれてきたんだろう」と思っているとき、

「人生は捨てたもんじゃないよ」

「あなたは素晴らしいんだよ」

そんな言葉で心を晴らそうとしてくれても、心に届かないとき、ってあったりします。

社会や運命を呪い、幸せそうに見える人々を羨ましく思い,

どんなに頑張ったところで、所詮そういう人の足元にも及ばないのだ

という、諦めの感情に支配されていたりもするかもしれません。

でも、人よりも条件が悪く、人よりも多くの苦労を背負っている人は、

たくさんの問題を抱えていきている人は、そうではない人より劣るのでしょうか。負けているのでしょうか。

不幸な星の下に生まれた?その人のキャパシティにあった悩みが与えられる

昔から、

「その人が乗り越えられない課題は与えらえない」と言われています。

私もいろんな人を見ていて思うのですが、

「どうして こんないい人にこんな災難がくるのだろう」

と思うことがあります。

魂が純粋で、どんな話を振っても「愛」で返してくれて、この人に会いに行きたい、一緒にいたいと思わせるような人が多いです。

そう思う人って、何か問題が起きてもいい加減なやり方で対処したり、逃げだしたりせずにちゃんとその問題と向き合って、

その問題が起こらなかった時には想像もできなかった境涯を手に入れていたりします。

人よりも多くの苦労を背負い、人生の重荷を抱えている人ほど、それを乗り切っていくだけの素晴らしいエネルギーを持っているんだな、と心底感じます。

その苦労を受け止める力を、その人はもっていて、

力とエネルギーを持った人ほど、条件が悪いところで苦労しているのだと、私は理解しています。

不幸な星の下に生まれた?いいえ、それだけ財産を得る権利が与えられているのです。

自分自身には何の問題もなくても、例えば家族の問題に悩みを抱えることもあると思います。

私も経験していますが、

介護が必要だったり、そうではないけれど誰かの世話をしなくてはならなくなったり。

他者の「自分勝手なこと」に振り回されるのではない、どうしようもなく引き受けねばならない問題というのは、

それを自分の「財産」にしていく必要があるのでしょう。

それはあなたに向ける言葉のようで、自分の体験から学んだことでもあります。

 

心身にハンディをもってうまれる人というのは、

その人に関わって生きる人のために、わざわざ苦しい姿で生まれてくることもある、と聞いたことがあります。

その人が、その人でいるだけでかけがえのない存在である、

そうした、人生の真髄を教えてくれるその人の実像は、

障害のある人どころか「世の宝」であり、他の人達の教師です

この人達に奉仕しないとしたらそのほうが問題であり、社会のほうが

この宝の人達を最優先して大事にできる環境をつくっていくことが大切なのです。

不幸な星の下に生まれた?人生の苦難は自分をどこまで輝かせることができるか、試す舞台

仏法(法華経)には、「衆生所有楽」という言葉があります。

この「遊楽」というのは、

うわべの楽しみ とか、

うわべの幸福 のことではなく、

現実の社会の中で、生活の中で自分を輝かせ、自在に乱舞していく

ことを意味します。

人生は、ひとつには

「こういうことを学びたい」という、自身の「誓願」によるものでもあります。

そうであるなら、あたかも波乗りを楽しむかのように、この人生の劇を思い切って楽しく演じていくことが大切です。

もう一つには、どんな苦難も乗り切っていけることを「証明」していく舞台である、ということです。

宇宙飛行士の毛利衛さんも言われているように、私達それぞれが多様な生き方を証明しながら、人類の未来を開いてきました。

あなたもまたその気高き魂の人であり、今苦難の時期にいるのであれば、人類の歴史に影響を与える

黄金の時

を生きているといえます。

私達は苦難の中で、魂を磨きます。

自分を磨き、鍛え、成長させることのできる「苦労や悩み」は、決してマイナスではありません。

 

何が幸福といって、自身の境涯を開くことができることほど幸せなことはなくて、

境涯が開花するほど魂の自由度が広がり、人生を楽しみきっていくことができるのだと私は思うのです。

 

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5