幸せになるためにできること

幸せになるためにできること<3>年齢を重ねることに喜びを見出す

9月 6, 2021

◆「老い」からは、誰も逃れることはできない

アンチエイジング

カタカナなので(^_^;)、私自身はあまり使わないのですが、この言葉が目に触れない日はない日常な気がします。

「エイジング」は時を経る、年齢を重ねていくことを、「アンチ」は抗する・あらがうこと、

老いをネガティブにとらえていることを象徴する言葉

であるといえます。

 

老いを受け入れたくない

気持ちは、大なり小なり、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

単純に

若くなければ楽しくない

と思っているからだったり

年をとると、いろんなものを

失う

からであったりします。

 

では、年齢を重ねることは「マイナス」だらけで、

何の価値もない

のでしょうか。

◆未来に続いていくものを求める

価値」ということを考えたとき、

たいていその「価値基準」は、自分の身近な人達とか、あなた自身の経験や社会的風潮・文化に影響されるのだと思います。

あなたの

日常

が、対象に価値があるかどうかを認識したり評価しているといえます。

 

買い物をするとき、

あなたは

それが自分の生活に必要かどうか、その商品の価値を評価して買う

でしょうか。

それがよいのかどうかわからないけれど、

その商品が流行っているから

人がいいというから、いいものに違いない、

と評価して買いますか。

中には

購入するものの特質・持ち味を評価していないこともあります。

 

その人が、人生

というものに、

どのような価値を置くかによって、この先の生命のとらえ方や生き方も変わっていく

のだと思います。

何故なら、誰でも

自分が価値を置くものに情熱を向けるに違いないから

です。

その人が「価値ある」とみなしているものが、

やがて失われていくもの

であるとしたら、

年を重ねていくことは、その人にとって辛いものとなるでしょう。

 

身近に、

年齢を重ねても素敵な人

がいたら、その人は、あなたと価値観が近い人であるとも思うので、

そうした人から話を聞くこともよいことだと思います。

自分と

全く無関係なものに、心が動かされることはないと思います。

あなたの感情が反応した人・物・事象に触れ、

探していることの答えを得るようとする心

は、とても大切だと思います。

 

あなたがこの先どれだけ年齢を重ねていっても

生を充実させたい!

と願うなら、

未来に続いていくものを求める

ことが大切です。

どんなに魅力的に見えるものも、自分の

未来に続いていかない、

と思えるものは選ばないこと。

 

それが

愛の対象

であっても、

物質や地位・名誉

であったとしても、それは

この世界で所有しているもの

です。

それを

生きる拠り所

としている時は、確かに

生存の重みを感じることができるかもしれません。

でも、ひとたび憂き目にあったり、

落ち目になったときには、

ただそのことだけで

自分を価値無き者と見なすことになります。

他人の評価や自分の所有するものに

重きを置いていると、

そうしたものを失ったとき、

それを

恥だ

と思うようにもなるでしょう。

まるで、

人生における敗北

であるかのようにみなし、

諦め

となって心を萎えさせるでしょう。

けれど、

あなたが大宇宙を仰ぎ、永遠に思いを馳せ、広々とした境涯で

一日が千年にも千劫にも通じるような、

充実した青春人生

を送るなら、

朽ちぬ喜び

を見出すことができるようにもなります。

また、

自分の中に

永遠に生き続けるもの

は、

必ず誰かや他の人の中にも、

永遠に生き続けていくだけの価値を持っている

ものです。

 

あなたが今若くて、そうしたことについて考えることさえできなかったとしても、

心配する必要はなくて、人生の中で体験する、

苦しい出来事、悲しい出来事を通して、

ひとりでに価値観は変わっていく

でしょう。

以前大切だと思っていたことが大切ではなくなり、

大したことだ

とは思わないようなことが、大事になってきます。

例えば、若い頃には

豪華な家に住むことや、豪勢な食事をすること、高価な商品を持っていることや、人目を惹くような車に乗ることなどに憧れ、

贅沢な生活

に価値を置いていたりします。

そうしたもの自体、価値を持っていることもありますが、

それを所有することが、社会的な地位を示すから

であったりもします。

(ただ、こうしたものに価値を置いたライフスタイルは、今後「古い」

と見なされる傾向が強くなっていくのではないかと思います。)

 

また、

ユングがいうように、

人生の午後を迎えると、人は内面に向かうようになります。

自分らしい生活をしたいと思うようになり、

自分が本当に求めていたものにたどり着けるようになります。

◆脳は発達し続ける

確かに、年齢とともに

私達の身体は衰えてゆきます。

足腰が弱くなれば、行きたい場所があったも自由に行くことができなくなります。

骨ももろくなり、少しの段差であっても骨折する危険もあります。

若い頃にできたことが、できなくなってしまう喪失感

からは、免れることはできないかもしれません。

けれど、

そうした身体的な衰えを感じる一方で、

人生経験や精神的な成長を重ねなければ見えないもの

もあります。その中で、

若い時には得られなかった

新しい発見がある

のも事実です。

 

仏法では

年は、わかうなり

福はかさなり候べし

という言葉があります。これは、

仏道修行に励む人への言葉なので、

正しい法に則して生きていけば、年齢とともに、いよいよ若くなる、

ということを伝えているのですが、

常に新しい目標を掲げ、挑戦の息吹にあふれている人であれば、

万人に当てはまると思います。

いくつになっても

挑戦の心を持ち、

新しい発見や新たにできることを増やしていく

こと。

こうした、

成長することの喜び

を、幼い頃は誰もが持っていました。

人間の脳は、年を重ねると衰えてしまう部分はありますが、

刺激を与えた分だけ、発達し続ける

ということもわかっています。

だから、

いくつになっても、

若々しい気持ちで、挑戦していく心を忘れないこと

が大切なのです。

心の持ち方は、身体にも変化を与える

あなたは、

自分はもう年だから、できることはない

と、諦めや悲しみに沈んではいないでしょうか。

あなたが50歳だとしたら、51歳よりも若く、79歳だとしたら、80歳よりも若いわけで、

やりたいことに挑戦できるチャンスがあるのなら、

やってみること

です。

ある調査で、

高齢の幸福感を大きく左右するものは

後悔

であることがわかったそうです。

それも、

挑戦して失敗した

という後悔ではなく、

チャンスがあったのに、やらなかった

という後悔なのです。

こうした心の持ち方は、身体にも変化を与えることが、最近の研究でわかってきています。

メンタルはフィジカルに通ずる、

普通に考えてもわかることです。

心が老いなければ、人は永遠に向上していけます。

老いを楽しみに変えるには、

その確信にたつことが大切である、といえます。

◆同じ年齢なのに若く見える人がいるのはなぜ?

ところで、

同じように年齢を重ねていても、年齢相応に見える人もいれば、

どうしてあの人は、あんなに若く見えるのだろう、

と思う人もいると思います。

私を若いと言ってくれる人もいますが、そうなのだとしたら、

たばこを吸わないことや、

能天気で、ある時からあまり深刻に物事をとらえないようになったから

なのかもしれません。

活性酸素が体内に蓄積してしまうと、細胞の入れ替わるスピードが早まる、

これはアンチエイジングに関心がある人なら、とっくにご存知のことでしょう。

細胞分裂のスピードには個人差があると言われていますが、

私達の身体を構成する一つ一つの細胞は、様々な要因で

傷つきます。

例えば

たばこ・車の排気ガス・紫外線・心的ストレス

なども

活性酸素を誘発すると言われています。

生活習慣の違いで、健康寿命に差が出ることもあるわけで、

やはり、

日常的な食事・運動・睡眠のバランスを心掛け、

細胞を酸化させないこと、

細胞分裂のスピードが早まらないようにする

ことは大切なのです。

老いている暇などないくらい、「生」を充実させる

あなたが

いつまでも若々しくいたい、

まだまだやりたいことがある、

人生これからだ!

と考えていても、

ふとした瞬間に

年をとったら、もう自分は何の役にも立たないだろう、

と考えるかもしれません。

自分は成すべきことをした、もう

限界

に達したのだ、と。

確かに、

いくら努力しても、

その功績が誰かに称えられ、全国に紹介される!

などのようなことはないかもしれません。

でも、

例えば

あなたの中にある、

独自のセンスのようなものは、

今世だけで培われたもの

ではないはずです。

そうでないというなら、

他の人とは違う好奇心は、いったいどこからきているのでしょう。

 

これは、私が転生輪廻を信じているからですが、

今世のどんな努力も、決して無駄にはならない

と思っています。

あなたの才能は、

すべて、あなた自らがこれまでの人生の中で稼ぎ取ってきたもの

に違いありません。

カルマ(業)という、公平さを認識するのなら、私達は

いかなる瞬間にも、

自分自身の未来を創造

しています。

だから、

この瞬間に、積極的かつ建設的な努力をしているか、

表面上の衰えに屈服して消極的になってしまうか

は、大きな違いとなって来世に現われるのではないかと思います。

あなたがしていくことは、いつだって

再び生まれた時の、

内的な富・資質の基礎

をつくっています。

あなたの心が若く、ある目的のために最後の瞬間まで生命を費やしているなら、

年齢のことなど、考えている暇もない

ことでしょう。

あなたが主婦であるなら、

家庭的な責任のために、

あなたが会社員であるなら、職務上の義務のために、

以前なら妨げられてできなかったこと

をいまこそ探求し、新しい能力や才能の扉を開くために時間を使っていくことが

年齢を重ねることの喜びとなる

のではないでしょうか。

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5