お金

お金に関すること<9>生きる姿勢は金銭状況に影響を与える

10月 7, 2020


◆<3>から<9>までのまとめ

「富の法則」を観点にお話してきました。

ここまでお話してきたことをざっとまとめてみると、こんな風ではないかと思います。

1.目的(お金の使い道)を決め、志をもって生きる

2.自分の所有しているもの(資質・能力・才能)を活用する

3.否定的感情(恐怖や不安)を追い払う

4.感謝する心を忘れない

5.自分の資産(時間・エネルギー・才能・祈り)を自分より困っている人に分け与える

6.積極的に人間関係を築き、人の幸せに貢献する

7.心を充足させつつ満足感に溺れない

8.魂を成長させるために必要なものと、欲しいものとを見極められるようになる

9.善を受け入れたら活用させる

10.自分に不足しているものについて考え、改善を図る

10はこれからお話しすることです。

◆自分に不足しているものは何?

他の記事でも伝えていますが、お金に関してもまた

変化

が大切です。

どんなことでも、

今の立ちゆかなくなっている状況

を引き起こしているものは何か、その理由を理解し、

改善

していく必要がある、といえます。

それを引き起こしている状況が価値を反映させているから

あなたの生き方は、

時間の使い方にも、エネルギーにも才能にも関わっている

からです。

あなたが

不足している

と思うものがあるとしたら、そこには

何か理解しなくてはならないことがあるのではないか、

と考えることが大切です。

胸が痛むこともあるかもしれません。

でも、正直に向き合うことができれば、必ず金銭的状況も変えていけます。

ときに、

変えなくてはならないことを、間違えている

こともあります。

例えば私は、ある年代まで「話をすること」が苦手で、

話をしなければならない場面に遭遇すると、いつも逃げ出したい気持ちに駆られるのでした。

ある日、私がクラスメイトと話しをしていると、その子の手が、かすかに早いリズムを打っていることに気づきました。

何か悪いことでも言ったかと思い、

どうかしたの?

と聞くと、私があまりにスローに話をするので、イラついてしまったと言われたのでした。

自分は驚き、

そんなに人に迷惑をかけてしまっていたのか。絶対に直さなければ、

と真剣に早く喋る練習をしました。

でも、本当に変えるべきところは

人の意見に一喜一憂してしまうところでした。

その子は頭の回転も早かったですし、自分の正直な気持ちを吐露したに過ぎません。

その後紆余曲折を経験し、

私は私なりのペースで話すことが自然で、最も相手に伝わり易い

と気付かされたのです。

そのことに気付くまでに、どれだけ年月がかかったことでしょう。

内面と対話したり根気も必要かもしれませんが、それでも

本当に自分に必要なのは何か

知ればその収穫は大きく、前向きな対応であることに違いありません。

一見、お金とは関係なさそうに思えますが、

「反省」の繰り返しによる変化

生き方、生活、金銭の使い方へと影響を与えていく

ようになるでしょう。

次回で最終になりますが、(すみません。昨日の告知と違ってしまいました)次回でもう一つ、ある譬え話を交えてお話したいと思います。

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5