ライフスタイル 人間関係

嫉妬に苦しんでいるのですか?

スポンサーリンク

 

 

嫉妬に苦しんでしまうのは、自分の中の「悪」だという意識があるから

「嫉妬するのは良くないよ!」

よく言われます。

そんなこと、わかってるよ!

だから本心を隠してつきあってるんだし・・ということもあったりします。

顔はニコニコしているけれど、心中穏やかじゃない。

抑えようとするほどメラメラ燃え上がっていく対抗心。

なんであの人ばっかし?!

どうして私は評価されないの?

それ、言葉にしてはいけないのでしょうか。

思ってもいけないのでしょうか。

私個人は、そんな言葉を素直に表現できる人は全然嫌じゃない。

だって、私にもあるから。

「そっか、そっか。わかるよぉ~。。私もあるある・・」と抱きしめたくなりませんか。

◆嫉妬に苦しんでしまうのは、その心に蓋をしようと思ってしまうから

実は、ニーチェもそう言ってるんですね。

疑り深い猫どもの静けさよりは、むしろ喧噪と雷鳴と荒天の呪いを好む

祝福することのできない者は、呪うことを習得せねばならぬ

本音を吐いてスッキリしてしまえ!という感じのことを言っています。

人は誰しも見栄や嫉妬心をもっているものですが、醜い心はなるべくかくしておきたいと考えます。

醜い感情にはなるべく蓋をしておきたくなります。

でも、自分の中の悪を見ないようにしているのがいい、というわけではありません。

よくない、よくない・・ダメダメ・・と思って抑えてばっかしいると出口のないまま溜めこんでいくし、知らないうちに増殖し、暴走してしまうこともあります。

「嫉妬?したことないよ」という人より、

「嫉妬心が湧くから頑張れる!」という人のほうがほほえましく感じませんか。

嫉妬は、

自分にも同じだけのものがあるのに」と思えるから芽ばえるのだし、あっさり認めてしまえばその先に進むことだってできます。

むしろそういう弱さを認められる人のほうが、人としての深みがあります。

◆嫉妬に苦しんでしまうのは、それを認めようとしてあげないから

また夢占いの話ですが、嫉妬は色でイメージすると「黒」ではないでしょうか。

「黒」色って、暗くて危険な感じがする色なのに、どこか魅惑的な感じがありませんか。

人生の深みを極めたよう。

明るい色だけではできません。

黒はいろんなものが混ざってできる色。

黒はあらゆる可能性をはらんでいるのです。

夢占いで「黒」は、突破口が見つかったなら大きく成長できることを示しているのです。

「嫉妬」も同じ。その可能性を見ないようにするなんてもったいないことです。

ただ恐れたり不安を感じたりするのではなく、本当の原因がどこにあるのか、光りをあててみてほしい。

その人との差は何なのか、冷静にあるがままに認めてみると、あなたの目に見えていない部分で力の及ばないことがあったりもします。

その「差」を理解して向上に努められれば、いつしか追い越すことだってできます。

自分が「強く反応するもの」に注目してみてほしいのです。

そうすれば、嫌悪感でさえも、自分の未知な部分を知るための一助となります。

あなたが意識していなかった別の面を知らせてくれるのです。

ふと思い出すのは、南海キャンディーズ の山里さん、「嫉妬心」を見事に認められた方だと思います。

嫉妬心を認めて「正しく」使い、そのご褒美をもらった、そんな感じがします。

嫉妬に苦しんだらイマジネーションで嫉妬を浄化し、美しいものに変えていこう

嫉妬には、

「豪邸に住みたい」「お金持ちと結婚したい」「イケメンと恋愛したい」などの「欲望」が絡んでいます。

その強い力から、私達は逃れることはできません。

それは向上心にも繋がり、競争心や進歩にも繋がるものです。

よく感情を「コントロールする」といいますが、潔く吐き出したら、嫉妬の向きを変えてみましょう。

人にしかないもの「想像力」を使います。

想像力は囚われている現状から私達を解放し、真実において自身のあり方を捉え直すことを可能にします。

状況は変わらないかもしれません。

けれど、世界と自分を見る自身のあり方を変えることができます

そっか・・私ってお金に対する欲求がこんなに強いんだぁ・・と知ることができれば、今度は

「お金があったら自分は何をするんだろう」と考えることができます。

本当は自分だって目立ちたい、注目のまとになりたい、という意識下の羨望・欲求を認め、尊重することができれば、「自分」の言動を変えていくことができます。

あなたの理想に繋げて想像していのです。

それは現状に埋没して日々の生活と目の前の状況に追われているだけよりもずっといいことです。

「理想」に恋い焦がれ、憧れ、それを求めていきることは、決して悪いことではありません。

あなたの、より善い生き方に繋げていくものー

そう考えることで、嫉妬はこの世界を生き抜くための味方になってくれます

嫉妬にのたうちまわるのでも、嫉妬に引き摺られるのでもない、「美しい」理想に向けて心を働かせることができるあなたに変わっています。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5