スピリチュアル ライフスタイル

心を強くするもの<5>自分の生活リズムを創り、惰性を排除する

スポンサーリンク

◆一日の出発はやっぱり大事

惰性を寄せ付けないために大切なもの、それはやっぱり規則正しい生活ではないでしょうか。

 

規則正しい生活と聞くと「睡眠時間の確保」「早寝早起き」「元気なお年寄り」なんてことを想像するかもしれませんね。

 

確かに高齢になると、若い頃のように睡眠時間が沢山でなくてもよくなる・・人もいますよね(^_^)

 

私も、若い頃は何でも「がつがつ」していました。

朝も、もっと寝ていたい!と思ったし、寝坊してぎりぎりセーフだったってことも結構ありました。

 

私の場合、ぎりぎりセーフといっても昼間の仕事の前に新聞配達もしていたため、これは本当にきついことでした。

 

最初は早起きの習慣化と健康を兼ねて始めたのですが、真冬の朝はとっても暗くて、寒くて

「いいなあ。ゆっくり寝ている人は」なんて思ったこともしょっちゅうあります。

 

ただこれが習慣化してくると、一日のスタートが「早朝」であることがとっても有り難いと感じるようになります。

 

それぞれの生活背景は違うと思いますが、「4世代同居」の家に住む私にとって、朝の新鮮な空気・ひとり静かに過ごすひとときの時間がなくてはならないものになっていきました。

 

◆早起き、この地味な取り組みが確実にあなたの人生を変える

勿論、あなたの朝は超早いかもしれません。

 

誰よりも早く起床し、会社に着くのもいちばんのり!

そんなあなたは、きっと「さすが○○さん。他の人となんか違う」と言われることが多いのではないでしょうか。

 

普段朝が苦手だと思う人でも、なんらかの事情で早朝に起きることはあると思います。

その瞬間は「ああ・・いやだな・・もっと寝ていたい」と思っても、早起きって案外いいものだな、と思ったりしませんか。

 

たいてい、朝の方が体は元気です。(寝起きの良し悪しはあっても)

 

朝の空気はいいな、と思ってもその日限りで、次の日も次の日も続けられないかもしれません。

それでも月に一日だけ、週に一日、三日に一日・・「最高の朝」がもたらす充実と前進の日々を手に入れることをやめないでほしいと思います。

 

早起きをする意識を持つだけでも、前日の夜早く寝ようという習慣もつきますし、どうしたら快適なリズムをつくることができるか、考えるようになります。

 

時間を価値的にやりくりする智慧と自律はあなた自身を護ります。

なんとなく遅くまで起きて夜更かしして、疲れがたまっていく悪循環からも解放されていきます。

 

一日のスタートが快適であることで、その一日が確実に変っていきます。

 

誰もが取り組めることであっても、朝の眠気との闘いに勝つことは本当に難しいですよね。

 

でも、朝に勝利することで、必ず勝利の人生に繋がっていきます。

 

 

*ここでは「朝」と書きましたが、夜中仕事に就く方もいらっしゃると思います。ご苦労様です。そのような方々の労働のおかげで私達が昼間の仕事に安心して従事できるのだと思います。その場合はご自身の生活リズムを整え、一日を勝利させよう、という意味でご理解頂たく思います。

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5