スピリチュアル 人間関係

ムカついていて眠れないのですか

スポンサーリンク

◆ムカつくことはあって当然。いろんな人がいて、心の安定は難しい。

幾ら平静でいたい、優雅な気分でいたいと思っていても、感情を逆撫でするようなことがどこかで起きるものです。

私も仕事柄、人と接することが多かったので、その関わりあいのなかではいろんなことを経験しました。

とにかく、世の中にはいろんな人がいるのだ、ということを学びました。

私なんかよりも人生に対して深い見方ができる人(先輩)でさえ、

どんな人にも仏性はあるというけれど、あの人の中に絶対にそれはない!」と怒りを露わにしていたことがあり、その時はさすがにびっくりしました。

同時に、どんな人も「ムカつくことがあるんだなぁ」と知って、安心しました(^_^)

私達にはどんな人にも個性があり、ユニークな生き方がある

そのことを今この世界で学んでいます。

時には相手が心を開いてくれるまで、待つこともあります。

◆ムカついたときは自分は善・相手が悪というこだわりを捨てる

かつての職場では、一人の年下の男性社員の嫌がらせに、困惑した経験があります。

とにかく私が何をしても気に入らないのです。

ある日

「あなたは物事を正当化しすぎる!こっちはね・・」と、罵倒された時がありました。

それは本当に感情の爆発で、私は何故か本当にこのようなシーンが人生の中で多いのです。

以前信頼できる人から聞いて合点がいったのですが、人の感情を吐き出させる仕事をしているのだと言われたことがありました。

でも、ただ否定的な感情を受け入れるだけではダメで、それを癒すまでが仕事なようでした。

・・とはいっても、よくわからないんですけどね(^_^;)

ただ、その一件があってからは、どこか吹っ切れて私は以前にも増して彼に「話かけつづけ」るようにしました。

これ以上のことは起きないだろうと思えたからです。

特に優しくしようとか、仲良くしようという感情をもたず、とにかく話しかけ続けて自己防衛に入らないようにしました。

何か言われても「そうですか」「わかりました」と、淡々と受け止め、また何事もなかったように話かけるのです。

そういう関わり方をし続け、やがて「普通に」会話できるようになりました。

もっといろんなことがありましたが、書ききれないので省略します。

あなたの人生の中で起こる「ムカつく」は、心の苦痛のことです。

その苦痛の体験が眠れなくなるほど多いのは、あなたの度量が狭いわけではなく、ムカつかない人に比べて人の感情に反応し過ぎてしまうせいかもしれません

何を言われても何処吹く風の人もいるはずで、そうした人を見るにつけ、なかなか否定的な感情を浄化できない自分はなんてダメなんだろう・・などと感じるかもしれません。

でも、それがあなたに託された宇宙からの贈り物だとしたら?

◆ムカつくのは、あなたのハートが開いているから。

宇宙は、時に「苦痛体験」を使って地上に降りてきた理由を思い出させようとすることがあります

あるべき道に戻そうという力が働くのです。

あなたの感情はとても豊かです。

つい、人の動揺に共感してしまい、他の人に対して向けている感情でさえ、自分に向けられているかのように受け止めてしまうことはありませんか。

それを一般的な「ノウハウ」でなんとかしようとすることもできるでしょう。

例えば「ムカついた時は、気持ちが明るくなるようなものを思い浮かべよう」のような。

けれど、本当にムカついているときは平常心で物事を考えられないわけで、なかなかそれはできなかったりします。

あなたはやっぱり「受け止め」てしまうのです。

あなたのハートが開いているから

あなたは他の人も同じような場面でなら、自分と同じように「ムカつくはず」だと考えるかもしれませんが、

同調はしても何も思わない人もいれば、同じ状況でもすかさず「あっかんべー!」をして、さっさと忘れてしまう人だっているでしょう。

あなたのその感受性は、人の感情の乱れや心の傷を癒したい、なんとかしたい、という欲求から生まれているので、つい山の感情を受け取ることが「できて」しまうのです。

ただ、それがまだ自分の中で承認されないので「なんとか自分を守らなくちゃ」という「自己防衛」をとり、人から利用されないように構えてしまいます。

それを頻繁にしてしまうとエネルギーを消耗するだけになってしまい、人といると疲れてしまったり、人から離れたくなってしまいます。

あなたの叡智によってそれを逆転させ、より建設的なものにパターンを変えていけるようになることが大切です。

すると今度は、あなたの元に同じような人が引寄せられるようになり、よいエネルギーをもらうことができます。

あなたがムカついて疲れてしまうのは、あるパターンに嵌まってしまうからなのかもしれません

ムカついた、その心を守るために

この世界で心の平静を欠いた人や状況に一度も出くわさず一日を過ごすことなんて、ほぼ不可能です。

車を運転しているだけで、クラクションをならされたり、強引に割り込まれたりして気持ちを解消できないまま大半の時間を過ごしてしまう、なんてことも少なくありません。

それを「乗り越えよう」とすると、うまくできない自分にムカつくことになってしまいます。

何かの強い影響力があなたの心の平和を邪魔しても、受けた行為と反対のことをしようと思うことで克服できます。

ひっきりなしに湧き上がる多様な感情をプラスに維持できるような行動や姿勢を常に心がけるようにします。

たいていにおいて、ご機嫌の悪い人は、自分のご機嫌の悪さに苦しんでいます。

怒っている人を見ると恐いと感じますが、実際は生命力が弱って苦しみから抜け出せない状況にいるのです。

他人の感情の起伏に反応することをやめ、身近な人が怒っていても、その自由を「認め」、時に許してあげます。

「許す」とは、反撃を諦めることをいうのではなく、「仕返しが連鎖してしまう可能性から自由になろう」と努める行為です。

釈尊は次のように語っています。

心はざわめき揺れ動く。

それを守ることは難しく、また御しがたい。

智慧ある人は、心をまっすぐに矯め直す。

ちょうど弓作りの職人が、矢をまっすぐに直すように。

中略

心は、しっかりとつかまることが難しく、軽々しく揺れ、好き勝手に動き回る。

その心を静めることは善きことである。

心を静めたならば、安楽が生まれる

心は移ろうものです。

ちょっとしたことに拘って、かたくなになったりもします。

なかなか釈尊のいうようにはいかないかもしれませんが、あなたは人の感情に敏感なだけに、相手のちっぽけな囚われた心や汚れた心を見抜くことができます。

あなたがそれらの心に反応仕返さなければ、心が「檻」に閉じ込めらることも、生命が本来もっている「自由」も失うことはありません

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5