スピリチュアル 恋愛

悲しい結末を迎えた、そんな恋愛に出逢ってしまったら?

スポンサーリンク

 

◆悲しい結末=「間違い」「失敗」ではない

◆悲しみをもたらす恋愛が、もっと大きな愛を受け取るための準備であることは多い

悲しみにくれていても、光はいつもあなたの中に輝いている

 

 

◆悲しい結末=「間違い」「失敗」ではない

 

今日の「夢占い」は「雨」の記述でした。

 

雨は悲しみを表わします。

 

何が悲しいかはそれぞれ異なりますが、たいていは「喪失」に関っています。

 

それは「家」であったり「職」や「人」、「生きがい」であったりします。

 

今、このブログを読んで下さっているあなたは「恋愛」で悲しい思いをしているのかもしれません。

 

「あの人に、あなたは勿体ないよ」

 

「時間が忘れさせてくれるよ」など言ってくれる人と飲み明かし、綺麗に流して次に進むことができればよいのですが、人の感情はそれほど器用に対応できなくて、私なんかはその典型のように思えます。

 

「時間が忘れさせてくれる」というのは私の場合当てはまらいのではないか、と思わされます。

 

ただ、人生で起きるどのようなことにも本質的には「間違い」ではない、そう思っています。

 

「間違い」ではなく、そのやり方を「試し」ながら生きているのであり、

 

一つのやり方を試しただけ。

 

そのやり方を試し、それが自分の性には合わないことがわかっても、嘆く必要はないのです。

 

そのおかげでもっとよいやり方に気付き、

 

もっと自分の性に本当にあっているものに出逢ったとしたら素晴らしいことではないでしょうか。

 

悲しみをもたらす恋愛が、もっと大きな愛を受け取るための準備であることは多い

 

仕事でも恋愛でも、自分が本当に求めているものに出逢うために、幾つもの段階を通ることがあります。

 

入社して、いきなり大きな仕事を任されることはありませんし、志願するとしたらあまりに無鉄砲です。

 

価値あるものを受け取るためには、受け取るこちら側にも「受け取るための力」を育てる必要があります。

 

何かをもらうことになったら、例えば高級車をもらうことになったら、(あなたは既に持っているかもしれませんが)どうしますか?

 

まず、それに相応しい駐車場を確保しなくてはならないでしょう。

 

家族の了解を得、技術や生活も考慮しなくてはなりません。

 

傷つけないよう慎重に運転したり、時折り点検し大事に保持しなくてはなりません。

 

そうした段階を難なくクリアできる自分になってはじめて

 

「受け取ってもらえる?」

 

「了解!」

 

という会話が成立します。

 

でも悲しみを背負っている時は、ただ辛く、身もだえするほどの苦しみを体験しているだけ。

 

自分がより大きなものを受け取るために、その障害物を取り除いているなんて、知る由もないのです。

 

あなたの魂には、過去の人生から授かった幾つもの力があって、その悲しみを乗り越える力が備わっています。

 

嫌だと言っても、今回の旅の代表にあなたを選んだ仲間達は、「もっと先まで行きなさい」と容赦ないでしょう。

 

時には死にたくなるほどの危険なプロジェクトに挑みながら、あなたは成長していきます。

 

「死ぬかも知れない」ほどの痛みを通して「学ぶ」教訓があります

 

その時に必要な精神エネルギーを、あなたは持っていなくてはならないし、もしかしたら、こんな悲劇はあなたでなければ耐えられないかもしれません。

 

いやいやながらでも、そうした行為をとおして目覚めていくものがあります

 

あなたは様々なことにチャレンジし、目覚めてゆくでしょう。

 

進化の流れの中を

 

「危険を冒しても進む!」と誓いを立てた自分の意欲を、どうか誇らしく思ってほしいのです

 

◆悲しみにくれていても、光はいつもあなたの中に輝いている

 

あなたは晴れた日が大好きかもしれません。

 

眩しいくらいの太陽に照らされ、一生を終えたいと思うかもしれません。

 

けれどこの世界では

 

雨も降れば嵐も起こり、地震だってある。

 

時に竜巻だって発生するし、自分のいる場所だけが日影だったりもします。

 

そんな時でも、太陽はちゃんと存在している。

 

私達それぞれの生命が小宇宙だから、

 

あなたの心の中の光も、本当はいつだって輝いています。

 

あなたがこの光を思い出せるまで、少し時間はかかるかもしれませんが

 

自分に滋養をくれた雨に感謝できるようになるとき、太陽に照らされたあなたは前よりもっと力強く輝き、

 

誰もが欲しがる、人としての魅力と強さを手に入れているでしょう。

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5