スピリチュアル ライフスタイル

自分の使命はどうやってわかるの?

スポンサーリンク

◆まずは目の前のことを大切にする

誰にでも使命があるというのはわかる、でもそれをどうやって見つけたらいいの?早くそれを見つけたいんだけど・・そんな風に、あなたは悶々として過ごしてはいませんか。

 

誰かから「これがあなたの使命よ」と教えてもらえたら楽なのに・・なんて思っても、きっと心から納得できなければその道に挑み続けることはできないでしょう。

 

だからとりあえず、「今」自分の目の前にある山を登ること、それが大切です。

 

夢占いで、「山登り」は自分の存在を他人や社会に表現していくこと、即ち自己実現のことです。

 

ここでその話をするのもなんですが、今日はちょうど「や」が入れていなかったので「山」の夢占いを記述しようと思っていたところでした。

 

タイミングがばっちりあいました。

 

責任をもって人生を生きていこう!と歩み始めた時、山を登る夢を見るとも言われています。

 

山道は険しく、途中で「もうダメだ」と思う時もあるかもしれません。

 

けれど、もがいたり迷ったりする経験は振り返れば全部自分の栄養になっています。

 

目の前の山をクリアすれば、次のもっと大きな山を目指すようになります。

 

人生は、その繰り返しではないでしょうか。

 

私には尊敬する「師」がおりますが、その方は

目の前の山に登れ。上った瞬間から、もっと広い人生が見えてくる。自分だけの使命も、だんだんとわかってくるのです。

と言われています。

 

◆あなたが今いる場所こそ最高の学びの場所

 

今自分がいるところは「仮」の場所だ、本当は自分はこんな場所に居続ける人間ではない!と思っても、「学ぶ」という本質的なところは同じです。

 

長い目で見たなら、それはあなたが真の力を発揮するために必要な「寄り道」であるかもしれません。

 

心に確かな「誓い」や「想い」があれば、どんな環境も自分をきたえゆく最高の場所となります。

 

反対に、どんな素晴らしい環境に身をおいていても、学ぶことの意味に迷っていれば、自らの可能性を開いていくのは難しいといえます。

 

そこが有名であるとか無名であるとかは全く関係ないし、最も大変だと言われるような所から立ち上がっていく中に使命を開いていく道筋を見つける人は多くいます。

 

要は「今いるところが最高の学びの場所」であると決めて進むことが大切です。

 

今回は師の言葉で締めたいと思います。

世界には、たくさんの山がある。高い山、低い山。世界にはたくさんの川がある。長い川、短い川。しかし、みな山であり、みな川であることに違いはない。

穏やかな万葉の奈良の山もあれば、勇壮な阿蘇がある。壮大な白雪のヒマラヤもあります。それぞれに美しいし、味がある

 

 何かに挑戦すること、その努力の積み重ねの中から、自然に方向性がきまってくるものです。だから、いま、自分がやるべきことは何なのか、それを避けてはいけない

 

 

 

 

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5