スピリチュアル ライフスタイル 人気の高かった記事

生きることがしんどくなってきた、って思っていませんか

スポンサーリンク

◆生きるのがしんどいと思ったら、生き方を見直す時期にさしかかっている合図かもしれない

 

これまで幾つもの壁を乗り越えてきたけれど、そろそろ終わりにしてもいいんじゃないか、もう十分生きてきたし。

 

あなたはそんなことを考えてしまうこと、ありませんか。

 

実は、私には多々ありました。

 

とにかく生まれた時から波瀾万丈でした。

 

ただ、自分がそうしてきた節もあるのだと、今は思えます。

 

「自分が頑張らなきゃ、誰がやるんだ!」とばかりに「自分が」「自分が」と、他の人を頼るということをしないで全部引き受けてしまう、

 

それは一見人に荷物を背負わせてはいけない、という優しさであるように思えますが、単に人に期待をしていなかった、

 

人任せにできないでいた、という我が儘であったかもしれません。

 

誰だって、この世界で成長しながら生きていくのに、私は一人で何もかもやり遂げようとして、人の成長できるチャンスを横取りしていたようにも思うのです。

 

これは自分の話。

 

私の身近には「よくこれだけのことができるなあ」と思う人もいて

 

その人達をよく観察してみると、見事にそれぞれのキャパを見分けて割り振っています。

 

その人達もまた、そのような段階を通ってきたのかもしれません。

 

そして強くなり、今のやり方を獲得していったという可能性もあります。

 

あなたも今、これまでの生き方を転換するときに来ているのかも知れません。

 

◆生きるのがしんどくなったら、「これまでのやり方」を手放してみる

 

あなたは「自分に厳し過ぎ」、知らないうちに自分を追い詰めているのかもしれません。

 

それでも今のやり方を見直す必要があるとは思えないのは、人から一定の評価を受け

 

「凄い人だ」

「あなたがいてくれないと困る」などと言われ続けてきたから。

 

真面目で責任感のあるあなたは、益々頑張ってしまい、益々一人背負ってしまうのです。

 

けれど、どんなに人から評価を得ても、肝心な自分が幸せな気持ちになれないのは何故なのか、

 

「これまでのやり方」が間違っているのではなくて

 

方向転換すべき時にきているのかもしれない、と考えることが大切です。

 

夢占いで「死」はこれまでの生き方を終わらせること、実際の人生でもそれは可能です。

 

「もう頑張れない」

そこまできたら、人生そのものを放棄するのではなく、別のしかたで「放棄してみる」のをお勧めします。

 

「手放す」とか執着を捨てる、といった言い方もしますよね。

 

立場によっては「最終的な責任」を一旦人に預け、遂行と助言に専念してみるのもありです。

 

例えばですが

 

これまで家計の管理を全て任されていたなら、ご主人や家族に任せ、自分は買い物や料理・掃除などの役割だけに専念させてもらうとか。

 

そんなことをしたら益々家計は悪化してしまう、

 

家族が浪費してしまうのでは?と考えますか。

 

でも、実際家計に携わったことがない人は、どうして平凡な生活の中でそんなにお金が必要なのかを知らず、余ったお金は好きに使って大丈夫なのだと考えていたりします。

 

あなたが「他のやり方を知らない」ように、他の人も同じなのです。

 

責任感の強いあなたは、管理サイドから助言サイドに移って周囲を助けることもできます。

 

その譬えはいきすぎで、あなたの人生には仕事や他の組織も絡んでいて、別の見直しが必要であったりします。

 

ただ、この人生であなたは「これまでに知らないでいたやり方」を獲得し、他の人には自分の知っているやり方を伝授する必要はあるのです。

 

◆生きるのがしんどいのは、考えて過ぎて疲れてしまうのかもしれない

 

このやり方で進めば絶対によくなる!という確信が生まれないと、新たな生き方には飛び込めず

 

まず沢山の情報を入手しようと考えることがあります。

 

同時に「死ぬほど」考え、最悪のシナリオを想定して「失敗」を回避しようと備えることもあるでしょう。

 

けれど、「失敗しない」ために、考えることは無数に生まれます。

 

あなたは圧倒され、ついには身動きがとれなくなってしまうでしょう。

 

そうなると停滞した状況から益々抜け出ることができなくなっていきます。

 

そもそも「失敗」とはなんでしょうか。

 

「人の期待に添えないこと」を指すでないのは確かです。

 

あなたの創造力は、自身の中にある「愛」と「喜び」に導かれて使うものです。

 

あなたの疲弊した心を癒すもの、それは自身の中から生まれる「愛」と「喜び」です。

 

あなたの愛情のエネルギーは概念や行動の全てに影響し、そこから生み出されるものに限りはありません。

 

それを手に入れたなら、あなたは子供が物事に熱中するかのように、集中して人生を歩み始めることができます。

 

生きることへの熱意を芽生えさせることができたなら、あなたの人生は刺激に満ちた体験へと変わっていきます。

 

日々の生活を精一杯生きること、その喜びを皆と分かち合うことで生命には精気がもどります。

 

心が煌めき、人生に調和がとれていくにつれ、この世界で起きる自然な成り行きに身を委ねられるようになります。

 

過去の記事でもお話しましたが、「動きながらバランスをとっていく」ことができるようになると、うまくいっていると感じられるようになります。

 

自身のエネルギーをどう使い、何を尊重していくかは全て自身の裁量にかかっているのです。

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5