スピリチュアル

自分には力がない、って思うのですか

スポンサーリンク

昨日に引き続き、今回も自分の足下を見つめるような感じで記述します。

あなたの生命は、瞬時も休まることはありません。

瞬間瞬間において、私達が願っていること

それは

「全ての人と幸せになりたい」ということ

その願いを抱きながら私達は生まれ、この世界に影響を及ぼしたあと故郷へ帰還し、再び生を受け闘います。

私達は「同士」。

崇高な願いのもと生まれているゆえに、私達の生命には、一人ももれなく

仏法でいうところの「仏」の生命が輝いている といえます。

でも、

私達には「仏」以外の生命も備わっています。

私達の生命には「十界」があり、「仏」だけの生命で生きている人もいなければ、ずっと「餓鬼」界だけに留まって生きている人もいません。

どんなに非情で救いようがないように見える人でも、その生命の中に本当は「ある」のです。

また、どんなに立派で申し分ないように見える人の中にも、地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界全ての生命があり、

誰もが、様々な縁に触れて惑わされ、執着し、苦しみを抱えます。

 

同じ人生の中で、あなたは何度も生まれ変わります。

「変わる」ことは何故大切なのでしょう。

なんらかの悩みや問題を抱え、どうしようもなくなる時、

たいていはあるパターンのようなものが存在しています。

運の悪い時に、追い打ちをかけるようなことが次々起こり、

気を付けているつもりなのに、

二度も三度も同じミスをしたり、不運が続いたりするのです。

まるで

「うまくできた」シナリオのように。

変わることによって、あなたはこれまでのパターンを断ち切ることができます。

たいてい、人はあるシナリオに沿って忠実に右往左往します。

人生にはリハーサルがありません。

そもそも自分が今、何の舞台に立たされているかを知らせてもらえません。

一つ一つのシーンはバラバラで、繋がっているように思えなかったりします。

でも、監督の目からはすべてが繋がってみえるのです。

あなたは、

一つの舞台から降りて始めて、自分が何を演じていたのかを知ります。

周囲の人は、あなたに関連して動きます。

「キーポイント」を共有しているから、

あなたがアレンジを加えることで、周囲の動きも変わったりします。

舞台から降りなくても、

本当に客観的に全体を見つめることができれば、原因と結果の鎖を見つけることができます。

 

自分には「力」などない、そう思うことがあります。

本当は、「引き受ける」勇気がでないだけであったりします。

新たな局面を迎えると気遅れがしたり、怖じ気づいてそこに留まってしまうのです。

欲しいものを求めるときの、浮き立つような気分は、

震えながら、何かを待っている時の安心を遙かに超えるものです。

気力を失ったまま、この先の人生の荒波を超え続けていくには無理があります。

いつかは溺れてしまいます。

仕方がなくやっているものは重荷になり、「情熱」がうまれることはありません。

たとえ一時的には苦労をしても、あなたが情熱を傾け「実践」したことには、少なくとも「喜び」があり、「変革」した精神が残ります。

「十界」の「仏」の生命は、

「幸せになる可能性」とも、「最も強い生命力と豊かな智慧」とも言われています。

私達はみな、そういう素晴らしい生命の働きをもっています。

ただ、縁がなければ顕せず、弱々しい生命状態ばかりが顕れ、あなたにこう囁くのです。

「自分はダメだ」と。

そうして、自分で自分をダメにしていることが殆どなのです。

あなたに「生命力」をもたらすものがあり、「そうしないではいられない」本心があるなら、それに耳を貸すことが大切です。

理想の人を思い描いているとき、その条件にぴったりの人が、あなたを求めていることがあります。

あなたが何か強い夢や理想像を描いているとき、それは、それにぴったりのものが、あなたを求めているからであるともいえます。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5