スピリチュアル ライフスタイル

「怒りが抑えられない」と悩んでいませんか?

スポンサーリンク

◆怒りが暴れ出すと人も自分も傷付けるようになる

物事が順調にいっているのに怒る人はいません。

 

「怒る」のは、物事がうまくいっていないから。

 

コロナ禍の前、朝の番組で近所迷惑なことをする人を取材するシーンを見ていました。

 

たいていの場合、その解決策は見つからず、警察沙汰になってやっと一時的に難を逃れるといったパターンであるようです。

 

「○○が悪いから」などの主張の殆どは、筋の通らない「いいたくれ」で、

 

迷惑な行為の多くは、自分の人生が「うまくいかない」ことへの怒りから発せられているように思えます。

 

勿論、精神障害・認知症など病気のケースもあると思いますが、暴言を吐いたり暴力を振ってしまった時、人は相手の心や身体を破壊しながら、自分の心や身体を破壊しているともいえます。

 

 

◆負のループから早く引き戻されよう

 

「怒り」については、感情を上手にコントロールしましょう、と言われています。

 

また、そのためのテクニックやハウツー本もあると思いますので、参考にしたり日常的に意識しておくことは大切だと思います。

 

例えば

・心を落ち着かせる行動(深呼吸するなど)をとる

・変えて欲しいと思うことを具体的に伝える

・アドレナリンの仕業と捉える

・怒るべき内容かどうかを変える などなど。

 

「怒り」が湧いている時にそれをしろと言われても、そもそも冷静な心境ではないのですから、なかなかできないものです。

 

怒りの原因の一つとして、

「前向きな解決法を得られない」こともあると思います。

 

「ほら、だからいったじゃない!」

 

「どうしてくれるのよ!」

 

などのように、この修復はできないのだという気持ちにさせられた時、怒りの言葉が発せられます。

 

年齢を重ねて丸くなっていくのは、他にも対処の仕様があるとわかってくるのと、過去の大変な出来事に比べたらなんてことないさ、という心の余裕ができるからかもしれません。

 

さっきまでムカムカしていても、解決法を得られた途端、平常心に戻ることも多かったりしますよね。

 

そうでない場合、一旦怒りが湧くとなかなか平常心に戻りにくくて、怒って後悔して、「怒りたくないのに」とイライラして、負のループに落ちていきます。

 

その負のループから引き戻してくれる一つが、人との関わり合いだと思います。

 

若い頃には、時間もないうえにいろいろなことの板挟みになっていたりして、思うようにならない現状から怒りの抑えがきかなくなることがあります。

 

かつて自宅に一本の電話がかかってきたことを懐かしく思い出します。

 

それはなんと知人のご主人のおかあさんからでした。

 

つまり、知人のお義母さんにあたる人です。

 

私は紹介されて知ってはいましたが、普段のコミュニケーションはありません。

 

「え?」と思っていると、先方からこんな依頼をうけたのです。

 

「ご迷惑でなかったら、今○○さん(隣に居住しているお嫁さん)に電話してもらえないかしら。」とのこと。

 

何があったのだろうと急いで彼女の家に電話してみると、彼女が息づかいも荒く電話口に出たことから察して、お母さんが機転を利かせたのだと思いました。

 

ご主人には妹さんもいて、その妹さんは私の同僚でしたので、電話番号を教えてもらったのでしょう。

 

いまでこそお互いの笑い話ですが、彼女は当時、幼い息子を育てながら大変な毎日を送っていたのです。

 

先の迷惑行為を繰り返す人も、もし人との交友を楽しむ愉快な日常があったなら・・とつい、思ってしまうのです。

 

仕事や家族のこと・価値観を語り合うことによって心を平常に引き戻し、時には自分では思いつかなかった「自分を安心させるための考え方」を発見し、怒りの出口を塞ぐことができたことでしょう。

 

そうでなくても、気心知れた人との対話は、

「自分の味わった体験を理解してもらいたい」という欲求を解消してくれます。

 

 

◆報復は自分の存在に矛盾する行為

 

怒りは自然な感情の発露、「怒らないようにする」ことが大切なのではありません。

 

もしも「怒り」という感情がなければ、世の中の不公平を叫ぶこともできないし、正義を熱く語ることもできません。

 

怒りを感じてしまった自分を責める必要はない、といえます。

 

怒りを感じた時、怒鳴らない。」それだけでも十分ではないでしょうか。

 

「怒り」の感情が危険なのは「報復したい」と願う時です。

 

古代哲学者セネカは、

怒りは報復への欲望」だと言っています。

 

この感情が起きるのも当然ですし、報復して一瞬はすっきりするかもしれません。

 

ですが、多くの場合その怒りをそのままぶつけてしまったことに対して「後悔」の念に苛まされ、良い結果をもたらしません。

 

何より人は、人を傷つけるために生きているわけではないからです。

 

冷静な時、私達はそれをよく理解しています。

 

先のセネカは

人間はお互いの助け合いのためにうまれた怒りは破壊のために生まれた」と言っています。

 

怒りが湧くのは仕方ないとしても、それが破壊に繋がるのでは、人間の存在に矛盾します

 

少し大げさかもしれませんが、抑えが効かず怒りをぶちまけそうになった時、「人間としての存在意義を失ってしまう」と意識することも大切です。

 

怒りは相手によって・状況によって引き起こされるかもしれません。けれど

 

敵は決して他の誰かなのではなく

 

自分自身の怒りなのだ、 そうわかっていることが大切です。

 

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5