スピリチュアル ライフスタイル

幸せを邪魔するものとは?<1>この世界で幸せを築きにくいのはなぜ?

スポンサーリンク

◆この世界は堪忍の世界?

あなたが仏教に縁がなくても、ドラマなどで「娑婆に戻ってきたぜ」みたいな台詞を聞いたことがあると思います。

 

俗世間という意味で使われていますが、仏法でのそれは迷いと苦悩に満ちた世界のことを言います。

 

「現実世界」とは、「堪え忍ばなければならない世界」というわけです。

 

え。。この世界って、そんなに大変なところなの?なんて、ちょっとテンションが下がってしまいますよね。

でもご安心を。

 

「衆生所有楽」(この世界は遊び楽しむためにあるんだよ!)という言葉もちゃんとあるのです。

 

ん?どっちが本当?

どっちも本当なのです。

 

以前の記事でもお伝えしているように、あなたの境涯次第と言うわけです。

 

スピリチュアルでも「高次の世界」とか「霊格が高い」といったことを言いますが、そうした人は苦難も成長の糧にして生きていく人です。

 

どんな人も、最初から苦難を乗り越えられる強い人なわけではありません。

 

釈尊も過去の時代にはいろんな姿で修行を積み、ついには悟りを開いたように、誰しもが経験を積み重ね、今を立派に生きられるようになります。

 

あなたも、きっとそうした経験の積み重ねがあって今の幸せを享受していることでしょう。

 

あなたが、この世界を「寂光土」へと変える

 

元々この娑婆世界は「魔王」の領地であると言われています。

 

「魔王」と聞いて、あなたはどんな恐い形相を思い浮かべますか?

 

実はそういう恐い人がいるのではなくて、人の「心」の働きのことなのです。

 

「魔が差した」とかって言いますよね。

 

油断していると現れる「あいつ」です。

 

あなたがイメージしたそいつは、実はあなたの心の中で「落ちろ、落ちろ」とけしかけているのですね。

なぜ、そんなことをするかって?

 

それは穢土を浄土になんか変えられては困るからです。

 

「善」が増えていくなんてだめ~!!って慌てていろんなことをけしかけてきたりもします。

 

あなたが掴んだ幸せを崩されないためには、そうした見えない「魔」とも闘う必要があります。

 

今あなたが幸せであるのも、その魔を克服してきたからですから、あなたは間違いなく凄い人です。

 

次回は、この「魔」についてを少し語っておきたいと思います。

 

あなたが魔に支配されないために、幸せを享受し続けるために大切なお話なので、是非知っておいて下さい。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5