スピリチュアル ライフスタイル 人間関係

依存から抜け出すことができないのですか

 

◆依存症の解決を難しくしていること

暫く「家族」に視点をおいて、記事を記述してきました。

家族の中には、ひょっとしたら「依存症」かもしれない、と思う人がいるかもしれません。

それは、自分の意志でコントロールできない状態になっていること、

市販の薬を乱用する、一日の喫煙量が半端ではない、買い物しすぎるなど、見るに見かねる、放ってはおけない状態になって、あなたは

自分の大切な人を救いたいと思っているかもしれません。

普通の病気なら

「お腹が痛いから病院に行きたい」と、まず本人がつらい状態を訴えますが、

依存症の場合、本人より先に周囲が

なんかおかしいんじゃないか、大丈夫だろうかと思ったり、迷惑をかけられるところから始まっていくことのほうが多いのです。

そうなると、「家族」がなんとかしようということになります。

でも、依存症の人は(私の母もそうだったのですが)、周囲の人がおもうほど、それが悪い行為だと思っていなかったり、

苦痛を一時的に忘れさせてくれる手段になっていたりするので、

そうした監視の目をなんとかすりぬけ、隠れてでもしようとするようになります。

そうなると事実確認できなくなるので、もっと厄介になります。

◆依存症とは、実は依存できなくて苦しくなっていること

私も活字中毒であったり、朝コーヒーを飲まないとなんだか落ち着かなかったり、

「そうしないと気が済まない」という意味では、

いろんなものに依存して生きています。

あなたはどうですか。

私の知っている人たちを見ていても、(本人は気づかなくても)そういうところがあったりします。

人は、様々な「ゆるいつながり」に依存しています。

本当は多くの依存先を持って生きているのです。

また、

人は「話す」ことで心の問題を「離して」いる

のだともいわれています。

なんの助言をされなくても、そばにいて気持ちに寄り添ってくれる相手がいるだけで、

悩みが軽くなったり、ときには消えてなってしまうことだってあります。

人の心って、案外もろくて、微妙なバランスの上に踏みこたえていたりするのです。

だから、今健康であることも奇跡のようなもので、いろんな内外の条件がうまくそろって

「支えられている」というべきであるかもしれません。

年齢的なもの・性格的なもの・環境からくるもの・・、微妙なバランスを崩すものはたくさんます。

精神科医の松本俊彦先生はこう言われています。

依存症になる人は、

「いろんなものにちょっとずつ依存したり、身近な人に弱音を吐いたり、っていう依存の仕方がわからなくて苦しむのです

中略

そもそも依存になっている人達は、「依存できない病」なんです。

中略

依存症は、健康的な依存ができなくて困っているひとたち。

であると。

だから自助グループなどに参加し、ちょっとしたつながりを持ったり、

家族から自分が求めていたことー頑張っていることに対する労いの言葉などーの理解が得られたりすることで、症状が治まっていくこともあるようです。

◆依存症の人にとって本当に必要なこと

昨今は各家族が孤立していることもあり、いきなり「つながりをもつ」という発想・選択はできないかもしれません。

もしかしたら、身内にそういう状態に陥っている人がいることを隠そうとさえするかもしれません。

どうしても「依存することはよくない」と思ってしまうから。

でも、「依存しない生活を目指そう」と考えるのではなく、むしろ

依存先を増やそう

と考えることのほうが大切なのです。

「特定の何か」「特定の誰か」が依存先になると、選択の余地はなくなります。

切れたら終わり

なのです。

それはとても苦しいことです。

そんな一本の命綱ではなく、その誰か・何かがなくなっても生きていける状態にしてあげることが大切です。

また、

どんな病も、一番苦しんでいるのは当事者です。

迷惑をかけられている側には、そうは見えないこともあるかもしれませんが、当人からすれば

生きるためにたくさんのエネルギーをつぎ込まなくてはならないような状態です。

誰だって弱音を吐きたいときがあるし、自分だけの力ではどうにも立ち行かなくなって、誰かに助けてもらいたいときがあります。

普段から強い姿を見せている人は、そんな時でも

弱い姿を人に見せられず、普段通り「気丈な自分」を演じ続けてしまうことがあります。

◆依存症に陥ってしまうのは、誰とも共感しあえない・自分に味方がいないと思うとき

そうした人の心に働きかけるにあたり、家族など

関係が近い人たちだけで対処しようとすると、かえって改善が遠のいてしまうことがあります。

客観的に見ることも、

「そうだね、そうだね」と、否定せずに何でも聞くという姿勢を貫きとおすのも、身近な存在だけに難しいものだな、と思います。

こうあってほしい」という思いがどうしても働いてしまって、自分の意見を押し付けてしまいがちです。

そうなると、「どうせわかりっこないや」「これ以上話しても無駄だ」と思わせるだけで、改善に向かってはいきません。

否定されず、素直な気持ちを遠慮なく話せる場所が、やっぱり必要なのです。

 

人は理知的な判断もしますが、仲良くない人の意見に耳を貸そうとは思わないものです。

だから、

「なかよくなる」ことは、とても大切です。

こんな言い方をしてよいかわかりませんが、うちの母のような勝気な人は、

降参

したがらないのです。

他の人が「自分の味方」になってくれると思えないのかもしれません。

そうであるなら、

降参は屈辱であり、陣地を乗っとられることであり、幸せが奪われることだとおびえるのも当然です。

もう自分だけではどうにもならないんだ、助けてほしいんだと、本心を打ち明けるためには、

その人が

自分は「敵意」とか、「悪意」ある見方をされていないのだと考られることが大切です。

こちら側が

立場的に「厳しい」意見を言う必要があったとしても、そのベースに「慈愛」がなければ、それは伝わらないのです。

◆依存症かもしれない、あなたがそう思ったらこう考えてみて。

あなたが几帳面であったり、優等生タイプで、何から何まで完璧にやらなければ気がすまないような場合、

何かのことで環境が変わってしまい、それになじめなかったり、義務や責任が手に余るようになったりしても、

手を抜く

ということができないのかもしれません。

他の人の目に完全なものとして映ろうと苦労したり、自分の眼に理想的であろうとすることが心の病のもとになっていくことは多いのです。

だから、一度は

それをすることって、本当に自分をよくした(している)のだろうか、

と考えてみることが大切です。

 

もし君が悪くなれば、さらに悪い魂となり、

もし、君がさらによくなれば、さらに良い魂となる

とは、プラトンの言葉です。

 

自分で、自分の価値を判断していることがあります。

例えば、あなたが主婦で働いているとしたら、

仕事から帰り、疲れた身体で夕食をつくり、家族に提供したあとは洗濯ものをとりこみ、宿題をみてやったり軽く掃除をしたり、お風呂を沸かすという一連の作業があるでしょう。

でも、これらのどれかを家族に分担してもらったり、おかずの一品くらいお惣菜でまかなったりして「手を抜こう」としないとき、

「それをしないことは、自分の価値を下げることになる」という心が働いているなら、

それは「大我」で選択していることのようで、小我の選択であったりします。

小我の選択をすると、その結果のすべてを自分だけで背負い込むはめになる、という悪循環が起きます。

 

翻って、人の価値を判断することは、誰にもできません。

そもそも、私達は自分から生まれてきたわけではないし、自然や動物とおなじく「存在させられているもの」であり、その価値を判断する立場にありません。

少々人が自分をけなしたからといって、それがあなたの価値を下げることにならないし、

誰かがあなたを褒めたからといって、価値があがるわけでもありません。

なのに、

私達はつい、こうした小さな「我」を張ってしまうのです。

そして、

心の統率を図るために、心理的に自分をごまかしたり、欺いたりするようになります。

 

もしも、

自然な物事の流れに抵抗することをやめ、

「私達を存在させている大きな力」に身をゆだねることができたら、

ペースを遅くし、新しい考え方を取り入れ、周囲と調和できるようになれば、延々と不安の源泉となる考えや心配ごとからも解放されるようになります。

成功に気持ちを集中させることより、それはずっと成功に近づく手段なのです。

© 2021 Hasuliking Powered by AFFINGER5