スピリチュアル 健康

呼吸による変化と効果とは?

スポンサーリンク

◆呼吸を意識するだけでも、日常に変化が起こり始める

 

ヨガ・ピラティス・瞑想などに一度でも関心をもったことのある方なら、呼吸がいかに大切か、うたわれているのをご存知でしょう。

 

呼吸によってエネルギーのありかたは変わる、

 

エネルギーのあり方と精神のあり方は直結している、

 

などのように言われていると思います。

 

呼吸にもいろいろな種類があって、それこそそれぞれに関連する記事を検索すると、際限なく知識が入ってくると思います。

 

たいてい呼吸は無意識の行為ですが、たまに緑の多い場所で胸一杯に空気を吸い込むと、自然の恩恵を感じたりしますよね。

 

「全ては繋がっているんだなぁ・・」なんて。

 

普段は考えないようなことを考えたりもします。

 

「精神領域」に思いを馳せることができるのは、ただ自然が美しからというだけでなく、その刺激を受けてあなたの体のエネルギーも上昇しているから。

 

思考の呪縛からも解放され、心地良い風を感じ、新鮮な空気のにおいをかいで佇んでいると軽い瞑想状態に入っていることもあります。

 

かといってエネルギーが上がりすぎてしまうと、精神面が際立って強調され、

 

神様を見たような感覚になったり、人とのコミュニケーションが取れなくなったり批判できになったりして、社会性に欠けた状態になって

 

世間から「危ない人」と言われかねません(^_^;)

 

呼吸は、エネルギーが上に上がりすぎたり下がったりするのをコントロールするツールでもあるのです。

 

◆呼吸をバランスよく使い分けると生活全般の質がよくなる

 

腹式呼吸をするのは女性よりも男性に多いと言われることから、男性のほうが現実に根付いて生活しているともいえます。

 

お腹を前後に動かして呼吸するのが腹式呼吸。

 

腹式呼吸をするとエネルギーは下の方に流れます。

 

エネルギーが下に下がっている時は、以下のような状態にあります。

 

意識は物質的な物事に傾く

 

目に見えるものに対して重きを置くようになる

 

そのため、見えないものは信じ難くなる

 

守る・闘う・作る・所有するといった価値観が芽ばえやすくなる

 

精神が安定する

 

日常生活の自然の流れの中で、矛盾や思いもよらない出来事には拒否反応を起こす

 

「死」に対して、或いは想像力が必要なものに対して恐怖心が芽ばえる

 

これらを見ると一見、いいことは少ないように思うかもしれませんが、私達はこの世界で生きているのですから、腹式呼吸を働かせるほうがよいことも多くあります。

 

家に帰って落ち着くとき、エネルギーが下にあるほうが体は休まります。

 

腹式呼吸を練習するには体を床に近づけた状態で行うのが一般的で、私は学生時代放送部に所属していたので、この時呼吸についてを学びました。

 

寝ている時、人は腹式で呼吸しているので、その時を意識して練習するといいと思います。

 

様々な呼吸を効率よく使い分けるうえで「胸式呼吸」についても多く語られますが、ここでは省略します。

 

胸式呼吸は肺に空気を取り入れる呼吸の仕方。息を吸うときには肺が広がりお腹がへこみます。)

 

特に内臓をマッサージするような効果もあり、胸式呼吸によってエネルギーをあげていくと、意識も目覚めやすくなります

 

意識して取り組むようになると、必要に応じて使い分けできるようになり、以下のようなことも起こるようになります。

 

ネルギーの流れがよくなり、疲れにくくなる

 

よって、フィジカルな面も発達する

 

生活全般が底上げされる

 

見たこともない光景に出逢う

 

感じたことのない体の感覚を味わう

 

 

どんなこともバランスをとることが大切で、呼吸についても

 

バランス作業によって、人生を生きていくうえでのクオリティを形成していくことができます

 

例えば

 

欲しい物を買ったり、美味しいものを味わい、物質面で満足しながらも「幸福ってなんだろう」と考え、心の安寧を求めたり、目に見えないものも理解することができる、

 

そんな風にライフスタイルを築きあげていくのは、決して悪いことではないと思います。

 

呼吸の質を高めることで、マインドの向きも変わります

 

体をどこに運ぶか、その結果も全く変わっていくでしょう。

 

呼吸を意識することは、エネルギーのバランスを整えるだけでなく、エネルギーの方向性、自分の行動の方向性を定める準備をすることでもあるのです。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5