スピリチュアル ライフスタイル 人間関係

「変わってる」と言われるのは嫌ですか

スポンサーリンク

 

 

 

◆「変わってる」と言われても気にしなくなった、だって誰だって変わったところがあるから

あなたは「変わってるね」と言われたことがありますか。

同じように「変わってる」と言われるのでも、その言葉を発する人の心如何で意味は違って聞こえますよね。

馬鹿にされてるように感じることもあれば、「面白くて好き」だと言われたように感じることもあります。

心の思いというのは、たった一言で伝わってしまうものです。

私自身は、良い意味でも、悪い意味でもどこに行っても言われ続ける言葉がこれです。

かつては自分はきっとおかしいから、あまり話をしないほうがいい、とさえ思っていました。

けれど、本当はみな「変わっている」ところはあるものなのです。

 

◆「変わってる」のは当たり前。全く同じ性質の人などいない

心理学者アドラーも、「すべての人が、それぞれ独自のライフスタイルをもっている」と言っています。

また、

全く同じ木の葉が二枚としてないように、全く同じ性質を持つ人間も存在しない」とも言っています。

人のライフスタイルは生まれてからの経験や得た知識によって形成されますし、やがて自分自身で「こう生きていこう」と選択をして生きるようになります。

仏法説話にも「三草ニ木の譬え」があります。

これは「法華七喩」の中の一つなので、ご存知の方は多いかもしれません。

簡単にまとめるとこんな話です。

この世界の大地には、山や川、渓谷や大地に、さまざまな種類の草や樹木が茂っています。

名前や形状も違います。

そのような大地の空に厚い雲が覆って雨が降り注げば、草木は平等に潤います。

ただ草木の性質や大小によって、その受け止め方は異なります。

人もそれぞれの性質に従って生長し、異なる実をつけ花を咲かせる

というお話です。

また、少し科学的な話になりますが、地球上の生命は遺伝子のレベルで見ると、個々のレベルには殆ど違いはないと言われています。

けれど、ゲノムの僅かな違いによって人間になったり他の生物になったり、種の多様性が生まれます。

宇宙飛行士の毛利 衛さんも、

「違い」というものがなければ、生命は40億年もの長きにわたって存続することができなかったはずです。

 

何故なら、「他と違う」ということが、生命全体が生き延びる可能性を広げ、「生命のつながり」を紡ぐ源になるからです

と言われています。

ご自身も、人と少し違うということで、その可能性を増やす挑戦に参加し、貢献することができたと言われています。

◆「変わってる」と言われたときに大切なこと。自分自身のエネルギーを確立させると、自分に似通った人が引寄せられる

「変わってる」と言われることが嫌な人は、相手が自分をどう見て言ているか、ということに人一倍敏感なのかもしれません。

もしもあなたのエネルギー領域を否定的なエネルギーで刺激する人がいたら、その人には近づかないことが賢明です。

そうしなければ、自分の本質を弱めることにもなるから。

自分と同じ価値観を持つ人を見つけようとしたり、自分の行動を微調整して相手に合せることよりも、自分が納得する生き方を選び時には

「他の人がどう思っていても関係ない」と考えるくらいが、ちょうどよいのではないでしょうか。

あなたの行動があなたの考える価値観に基づいて行われるようになると、心に平和を感じられるようになります。

あなたが他からの認知を判断基準に加えず、独自のエネルギーを確立していくことで、似通ったエネルギーを持つ人が自動的に引寄せられるようになりますよ。

© 2021 Heritage Powered by AFFINGER5